大谷翔平、ダルビッシュ有が同じブルペンに…WBCブルペン捕手が明かす“WBC決勝の舞台裏”「話しかけられない雰囲気がありました」

藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMのラジオ番組「SPORTS BEAT supported by TOYOTA」(毎週土曜 10:00~10:50)。9月16日(土)の放送は、侍ジャパンでブルペンキャッチャーをつとめた、元プロ野球選手の鶴岡慎也(つるおか・しんや)さんへのインタビューをお届けしました。


鶴岡慎也さん


鶴岡さんは、1981年生まれ鹿児島県出身の42歳。鹿児島・樟南高校で捕手として甲子園に2度出場。社会人野球を経て、2003年にドラフト8位で日本ハムファイターズ(現:北海道日本ハムファイターズ)に入団し、4度のリーグ優勝に貢献。2014年にFAで福岡ソフトバンクホークス に移籍し、日本一に3度輝きました。

2018年から日本ハムに復帰し、2019年シーズンからは一軍バッテリーコーチも兼任。日本ハム時代はダルビッシュ有選手、斎藤佑樹選手、大谷翔平選手らとバッテリーを組み、2021年を最後に現役引退し、現在は野球解説者、そして「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC(第5回ワールド・ベースボール・クラシック)」では、侍ジャパンのブルペンキャッチャーをつとめました。

◆“負け”を覚悟したメキシコ戦

──「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」で、侍ジャパンは、東京でおこなわれた1次、2次ラウンドを突破し、アメリカ・マイアミでおこなわれた準決勝・メキシコ戦に挑みました。しかし、4回に3点を先制される厳しい展開でした。

鶴岡:正直、5回まで3-0で試合が進んで、(メキシコの先発ピッチャーとして登板した)パトリック・サンドバル投手が完璧な投球だったのをみんな分かっていましたし、正直、僕もブルペンで(試合展開を観ていて)“負けたかも”と思いました。それぐらい重い3点でしたね。

──そのときのブルペンはどんな様子だったのですか?

鶴岡:みんながすごい緊張感を持っていましたね。あのようなシーソーゲームの試合のときに、佐々木朗希→山本由伸までの登板は決まっていましたけど、その後に誰でいくかは決まっていなかったので、ブルペンの電話が鳴るたびに“誰が行くんだ!?”となって、(呼ばれた選手が)みんな顔面蒼白の表情でマウンドに向かっていくんですよね。

いつもプレーしているチームでは、1-0のしびれる場面でもバンバン出ていって、何事もなかったかのようにゼロに抑えて試合を締めるクローザーたちが、(メキシコ戦では)ただならぬ緊張感のなかでマウンドに向かっていたので、僕が想像できないぐらい、いろんなものを背負っているんだなと感じました。

──メキシコにサヨナラ勝ちを収め、決勝では終盤まで侍ジャパンがリード。その状況で、ブルペンにはダルビッシュ投手、そして、大谷投手が控えていました。ブルペンキャッチャーとして、彼らとどんな会話をされたのですか?

鶴岡:いや、会話はできないです。それぐらい、彼らもものすごく(気持ちが)入っていましたし、話しかけられない雰囲気がありました。僕も記憶にないぐらい緊張しました。

ブルペンキャッチャーの僕がそれだけ緊張するんですから、今から試合に出ていく選手というのは、それはもう想像できないぐらいに緊張していたと思いますし、WBCというのは、やっぱり特別な舞台なんだろうなと感じましたね。

----------------------------------------------------
9月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年9月24日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SPORTS BEAT supported by TOYOTA
放送日時:毎週土曜 10:00~10:50
パーソナリティ:藤木直人、高見侑里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/

ジャンルで探す