あの人に勝った!「2人目まだ?」のストレスから解放されて、心がスーッと軽くなる/ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望⑬

『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』(野原広子/KADOKAWA)第13回【全14回】お互い下の名前で呼び合い親子ともに一番の仲良しだったママ友のリエ。彼女の嫉妬心からサキは、ある日を境に突然無視され、嫌がらせを受けるようになる。理由が思い当たらないサキは悩み苦しむが、相手から無視されても挨拶を続けることを決意する! ママ友という人間関係の難しさ、そして母親の孤独をも切り取る、共感必至のストーリー。子育てママたちが抱える“心の闇”を描いた、野原広子さんのコミックエッセイ『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』をお届けします。

ジャンルで探す