【iPhoneまとめ】これが iPhone 13(13 Pro、13 Pro Max、13 mini)のすべてだ #AppleEvent

821fd214b550c7c20dba8f8bcf865322

Image: Apple

iPhone 13がついに登場。

今回の2021年秋のイベント、トリを飾ったのは新型iPhoneでした。発表されたのはiPhone 13、13 mini、13 Pro、13 Pro Maxの4種類で、基本的な形状も大きさも前機種と同じ。さて、それでは違いを見ていきましょう。

Proのディスプレイが刷新。ノッチはさらに小さく

dc76d5509bd61177639b5429f99e5a47

前機種までに買い換えた人たちの間では、ディスプレイに大きな向上がなかったことが大きな不満のタネとなっていました。それが、ついにここにきてiPhone 13は全モデルで旧機種と比較してノッチが20%も小さくなっています。もちろん完全にノッチなしのiPhoneの出現はなりませんでしたが、違いははっきりと見て分かります(噂が現実になった形です)。

画面の大きさは前機種と同じ。 iPhone 13 mini は5.4インチ、 iPhone 13と13 Proは6.1インチ、iPhone 13 Pro Maxは(ビッグな)6.7インチとなります。iPhone 13と13 miniは輝度が大きく向上し、これまでで最大の1200nitとなります。 iPhone 13 ProとPro Maxはディスプレイが刷新され「LTPO (低温多結晶酸化物) 」を採用。これによりリフレッシュレートが120Hzに向上します。コンテンツをスクロールするときや動画を見るとき、ゲームをするときの画面がスムーズに。iPad Proを使用した人は「ProMotion」スクリーンのスムーズさに驚いたのではないかと思いますが、それが iPhoneに採用された形です。もちろんアダプティブリフレッシュレートを採用したのはAppleが初めてではありません。Androidの機種にはすでに導入されているものがあります。

新しくなったカメラ機能

a05316e060809e77d60f36f134ac52a6

新型iPhoneは形状としては旧機種とあまり変わらないようですが、それではどこら辺が新しくなったのでしょうか。 今回iPhone 13のポイントとなるのはカメラです。iPhone 13と13 miniはデュアルレンズが大きく改良され、12メガピクセルのメインカメラと12メガピクセルのウルトラワイドレンズが対角に配置されるデザインとなりました。13 ProとPro Maxはこれまでと同様3つのカメラが付属、すべてのカメラはナイトモードに対応します。(13と13 miniには望遠レンズはつきません)望遠レンズは77mmで、光学ズームは6倍に。マクロの撮影が可能になったのには喜びの声が聞こえてきそうです。マクロは動画にも対応しています。

さらに、Appleは静止画と動画の撮影をさらにシネマティックに仕上げています。iPhone 13のラインナップにはすべて「Cinematic Mode(シネマティックモード)」が加わり、ポートレートモードのようなスタイルで画像を仕上げる形です。 この機能は被写体がフレームに入り込んだときにカメラがそれを検出するもので、入り込んだ被写体にフォーカスを移します。画面をタップしてフォーカスを移動させることができ、もう一度タップするとトラッキングをロックできます。AppleのiPhoneイベントのデモでは、フォーカスの移動が非常に速かったのが印象的でした。「Cinematic Mode」はメインカメラだけでなく、セルフィーカメラにも搭載されます

969ea8c1204a749338e0c182c68b54d5

4つのカメラすべてにはセンサーシフト光学式手ぶれ補正が搭載され、ナイトモードで大きな力を発揮してくれそうです。Proモデルも映像の圧縮フォーマットであるProRes(ProRawの動画版)で撮影が可能となります。最大30fpsで4K画像をProRes形式で直接カメラアプリで使えます。

バッテリー寿命が向上

iPhone 12 miniでよく聞いたのは、バッテリー寿命がよくないという声です。5Gの導入によりバッテリー寿命に影響があったようで、そのためか、今回Appleはバッテリーを従来機種よりも大きくしてきました。これにより13 miniは12 miniと比較して1.5時間、iPhone 13はiPhone12と比較して2.5時間、バッテリー寿命が長くなっています。 13 ProもiPhone 12 Proと比較して1.5時間、13 Pro Max はiPhone 12 Pro Max と比較して2.5時間長くなりました。 iPhone 13 Pro Maxは実質上、従来機種でもっともバッテリーの持ち時間が長い機種となりました。

スピードも向上

iPhone 13のラインナップにはAppleの最新A15 Bionicプロセッサが搭載されます。これによりすべてにおいてスピードが向上。Appleによれば、Qualcomm(クアルコム)などのAndoroidなどの競合機種と比較すると50%速くなるとか。iPhone 13および13 miniの4コア GPUは競合機種と比較すると30%速くなるそうで。iPhone 13 Pro モデルは5コア GPUになりますので、50%速くなる計算となります。ニューラルエンジンもスピード向上に貢献し、 イメージシグナルプロセッサも刷新されます。

気になる発売日は?

310d3892a491b740e323bba00d00c788

アメリカでの事前注文は9月17日に開始されます。

iPhone 13と13 miniのカラバリはピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、レッドの4色。miniのスターティング価格は128GB(ストレージが倍に)で699ドル、iPhone 13は799ドルから。今回、iPhoneに初めて512GBのオプションが加わります。13 ProとPro Maxには美しいシエラ・ブルーが加わり4色展開に(iPhone 12ではパシフィックブルーでしたが、今回はスカイブルーのような色味)。13 Proはスターティング価格999ドルより、13 Pro Max は1099ドルより。新しい1TBストレージオプションがこれまでの128GB、256GB、512GB に加え、Proラインナップに追加されます。

巷ではすでにiPhone 14の噂が聞こえてきますが、今回買い換えを考えているなら、iPhone 13の新しいカメラ機能は一考の価値があるかもしれません。

ジャンルで探す