【中古車】新型の発表で注目の集まる80型スープラ、中古車相場は上がっているの?下がっているの?

●購入するなら今がチャンス!? 「先代」80型スープラの中古車価格をチェック

新型スープラがデトロイトモーターショーで発表されてから1カ月。大阪オートメッセでは、TRDが出展した新型スープラのコンセプトカーを見るために長蛇の列となっているようです。

新型が登場することで、俄然注目が集まっているのが「80型」と呼ばれる先代スープラです。1993年〜2002年まで販売された80型スープラですが、現在中古車相場は一体どのような動きを示しているのでしょうか。

同時期に販売された日産スカイラインGT-RやホンダNSXなどの国産スポーツカーが値上がりしているので、スープラも値上がりしているはず!と思う人が多いでしょう。経済活動全般の動向を示す「景気」もそうですが、一部にもたらされた情報によって多くの人が、言われたとおりに思い込んでしまうと、実際にそのように動くいてしまうことがあります。

80型スープラの中古車相場を見てみると、3カ月前の2018年11月の時点における平均価格は281万円。その後順調な値落ちが進み、新型スープラが発表された2019年1月14日には最近の底値となる255万円を記録しました。

その後、様々なメディアで新型スープラの記事が掲載され、中古車が値上がりしているという情報が流れると260万円まで反発しました。ただ、その値上がりは一時的で再び256万円付近まで値落ちしました。結論からいえば、旧型スープラの中古車相場は値落ち傾向なのです。

現在は小幅な上下を繰り返しており、平均価格255万〜260万円の間をキープしています。気になるのは、流通台数です。年明けは80台以上流通していましたが、徐々に減少し70台となっています。流通台数が減少すれば、中古車相場の上昇する可能性は高くなります。もし、買いたいと思っている人がいれば、まだ相場が安定している今がチャンスかもしれません。

それでは現在、80型スープラの中古車の流通台数の多いグレードベスト3を見てみましょう。最も多いのが3L自然吸気エンジンを搭載したSZが24台です。そして僅差の23台で続くのがターボエンジンを搭載したRZ-S。そして同じくターボエンジンを搭載したRZが14台となっています。スープラの特徴であるエアロトップ車はSZで3台と非常に少ないです。

それでは流通台数の多いグレード別に価格帯を見てみるとSZは98万〜359万円で、フルノーマルで走行距離0.3万kmという驚きのコンディションのクルマがありました。RZ-Sの価格帯は170万〜519万円で、SZと比べるとチューニングカーの比率が高いです。そしてRZですが、260万〜568万円でほとんどがチューニングカーとなっています。

自然吸気のSZに比べるとターボ車のRZはノーマル車を手に入れるのは至難の業となっています。しかし、今後中古車の流通台数が増える可能性も少ないので、コレだ!と思うクルマを見つけた時が買い時と言えるでしょう。

(萩原文博)

ジャンルで探す