【デトロイトモーターショー2019】レクサスRC Fがマイナーチェンジで日常からサーキット走行までの走りを大幅に進化!!

【LEXUS RC Fマイナーチェンジを世界初公開】

・レクサスのスポーツイメージを牽引する「F」

レクサスはマイナーチェンジモデルのRC Fを世界初公開し、2019年5月に日本でも発売する予定と発表しました。富士スピードウェイに由来するレクサスの「F」モデルは、2007年のIS F以来、「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマを掲げ、同ブランドの高性能モデルのラインアップとして設定されています。

レクサスのスポーツイメージや、運動性能の進化をけん引し、そのラインアップの走りを磨き上げるため、「F」はさらなる進化を続けると宣言。

「F」モデルの新たな一歩として今回発表された新型RC Fは、持ち味とする優れたパフォーマンスを絶え間なく進化させることを目指し、軽量化や空力性能のほか、パワートレーン、タイヤ、サスペンションなど、あらゆる点に改良を加えたとしています。その狙いは、常用域での軽快な走りと限界域における優れた操縦安定性だそう。

さらに注目は、「F」の高性能と進化への飽くなき挑戦を象徴するという、「Performance package」を新設定。日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培われた技術が応用され、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用でさらなる軽量化が果たされたそう。加えて、加速性能、空力性能も向上され、より高い次元の運動性能を得たとしています。専用のインテリアカラーやオーナメントパネルにより走りへの期待も高まる仕様になっています。

マイナーチェンジ後のRC Fは、車両重量の低減により、従来型比20kgの軽量化を実現。さらに、限界領域でのコントロール性向上を目的に、トレッドパターン1本1本のコンパウンド材質までこだわった新たなタイヤを開発。これにより、サーキット走行などにおいても優れたハンドリングが得られるそう。

4,968ccの「2UR-GSE」は、472hp/7100rpmで、535Nm/4,800rpmというスペック。パワートレーンにも手が入れられています。NAエンジンならではのリニアな加速フィーリングを際立たせるため、エンジン出力を向上させるとともに、エアクリーナー形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスを向上。また、ディファレンシャルのローギヤ化により、サーキット走行におけるアクセルでの車両コントロール性を向上。これらにより、街乗りの際にも軽快な走りを実現したとしています。さらに、エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールが採用され、スポーツ走行における鋭いスタートダッシュが可能。

新設定された「Performance package」は、エンジンフード、ルーフ、フロントスポイラーなどの外装部品やブレースにCFRPが使用されるほか、カーボンセラミックブレーキやチタンマフラー、軽量アルミホイールにより従来型よりも70kgもの軽量化を実現。その何恥じない高い運動性能を誇るそうです。

さらに、専用のカーボンリヤウイング(固定式)も注目ポイントで、標準車に採用されているアクティブリヤウイング以上のハイダウンフォースとロードラッグを発揮することで、高速走行時の安定性と高速域の伸び感を両立するそうです。

(塚田勝弘)

ジャンルで探す