コネタ

『わろてんか』登場キャラには「イメージカラー」が存在

『わろてんか』のキャラにはイメージカラーが?(HPより)

 NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』。初回視聴率20.8%という好発進で、注目も集まっている。そんな『わろてんか』を一層楽しむための豆知識を紹介する。

 第3話のお祭りの日、ヒロインのてん(葵わかな、子役時代は新井美羽)と旅芸人の藤吉(松坂桃李)は初めて出会い、藤吉はてんに鳥のモチーフの根付け(ストラップ)をプレゼントする。

「根付けに限らず、かんざし、衣装、ふすまなど、至る所に鳥をちりばめています。鳥をセットや小道具のモチーフにしようと考えたきっかけは、後にてんが経営する寄席の名前が『風鳥亭』だからです。てんと藤吉が寄席の名前をつける際、思い出の“鳥”の根付けからヒントを得たという設定になっているのですが、実はこれは、美術スタッフのアイディアを脚本に生かしてもらったところなんです」(編成部映像デザイン・山内浩幹さん)

 てんの実家である藤岡家は、老舗の薬問屋。藤岡家の中をよく見てみると、床の間に掛け軸が飾ってある。この掛け軸に描かれているのは、古代中国の伝説に登場する医薬と農業の神様である“神農”だ。

「明治時代の薬屋を取材したり、博物館に行くと、必ずこの神農が祀られていたんです。その神農を見ていたら、どことなく(ヒロインの父親役の)遠藤憲一さんに似ているように感じてました。そこで藤岡家にかけられている掛け軸の絵は、遠藤さんに似せて美術スタッフが書きました」(山内さん)

 風太役の濱田岳にまつわる小道具にも注目したい。

「濱田さんといえば、某CMの金ちゃんですよね。細かすぎてわからないかもしれませんが、金太郎にちなんだ小物が登場するはず…」(山内さん)

◆千葉雄大の2つのぬるま湯

『わろてんか』の撮影現場は「温泉みたいにあたたかい」と語るのは、てんの兄・新一を演じる千葉雄大(28才)だ。意外にも、本作が朝ドラ初出演。

「遠藤さんは撮影の合間に気さくにお話ししてくださる。遠藤さんがぼくの年齢だった時の話を聞いたりして、とても勉強になります。鈴木(保奈美)さんはいつでも穏やかでマイナスイオンが出ているみたい。見ているこちらもにこやかになります。

 そういえば、朝ドラに出てから両親が近所のかたたちなどから声をかけられることが多くなったそうで、『朝ドラの威力ってすごいね』って言ってました(笑い)。

 うちは親バカなので、息子のことを『声がいい』とか『メガネがいい』とか褒めちぎってくる。ぼくはうれしい半面、『ぬるま湯』に浸かってばかりではいけないなと、身を引き締めています」

◆朝ドラからM-1に殴り込み!?

 藤吉の芸人仲間、キース役の大野拓朗(28才)と前野朋哉(31才)演じるアサリは劇中で漫才コンビを結成する。実際にふたりは「潮干狩」というコンビを結成し、12月に決勝が行われる『M-1グランプリ2017』に参戦し、見事一回戦を突破したのだ。前野が語る。

「もちろんドラマの稽古が最優先ですが、時間があるときには、潮干狩のネタ合わせもやっていましたね。潮干狩の稽古をやっていくうちに、徐々に掛け合いの間がわかってきたので、ドラマの漫才シーンだけでなくて、会話の掛け合いシーンにも、それが生きてくるはずです」

 ちなみに前野は、濱田と同じくauのCMに一寸法師役で出演中。桐谷健太(37才)も登場し、三太郎が朝ドラで大集合なんてこともあるかも!?

◆高橋一生のイメージカラーは白

 藤吉がてんに初めて会った時、「笑いは何色か知ってるか?」と投げかけるシーンがある。色は『わろてんか』の重要なポイントであり、各キャラクターにイメージカラーが決められている。

「てんは赤、藤吉は青、伊能は白です。部屋や衣装でそれぞれのキャラクターの色を効果的に使うようにしています」(前出・山内さん)

 制作統括の後藤高久チーフプロデューサーは高橋一生のイメージカラーについてこう話す。

「高橋さん演じる伊能は白馬の王子様。登場人物唯一の洋装が“パーフェクト”な伊能のキャラを際立たせています。でも、実は彼には心にまとった殻があり、てんや藤吉と出会ったことでその殻を打ち破ることになる。後半に向けて徐々に伊能の内面が明らかになります」

※女性セブン2017年10月26日号