注目インフルエンザ新薬「ゾフルーザ」 服用注意点と副作用

新薬「ゾフルーザ」の弱点は

 10月29日、厚生労働省は、沖縄と三重がインフルエンザの流行期に入ったと発表した。全国の保育所、幼稚園、小学校などの休業施設数はいずれも前週より増加し、早くも大流行の兆しがみられる。

 そうしたなかで注目を集めているのが、今年3月に発売された新薬「ゾフルーザ」だ。

 昨シーズンの終盤に販売開始されたゾフルーザは、発売からわずか2週間で40万人に処方された。本格的な流行シーズンを通して処方されるのは、今回が初めてとなる。

 では、実際に服用する注意点はどのようなものがあるのだろうか。池袋大谷クリニック院長の大谷義夫氏は「発症後48時間」がカギという。

「ウイルスの増殖は、発症から48時間後にピークを迎えます。それ以降に薬を服用しても効果が薄くなるので、発熱や筋肉痛などの症状が出たら受診して、48時間以内にゾフルーザを飲むことがポイントです。ただし、発症して6~12時間は検査しても陽性と出ない場合があるので注意が必要です」

 また、薬である以上は当然、副作用もある。

「臨床試験の結果、下痢と肝機能低下、目まいなどの副作用が認められました。うち1%以上の頻度が報告されたのは、下痢でした」(ゾフルーザの製造販売元である塩野義製薬広報部)

 タミフルの場合、過去に服用した子供がベランダから転落するなどの「異常行動」が問題となった。

「ゾフルーザの医薬品添付文書にも、重大な副作用として『異常行動』が掲載されていますが、これまでの臨床試験で実際に発生したわけではありません。類薬すべてで異常行動が発生しており、医療機関を通して患者に注意喚起を行なっています」(同前)

 異常行動については、薬ではなくインフルエンザ自体による脳症や髄膜炎が原因との指摘もある。今後の医学的検証を待ちたい。昨シーズン、発売直後のゾフルーザを服用した患者はこう振り返る。

「高熱と咳が出たので病院を受診したら、A型インフルエンザと診断されました。以前に吸入タイプの薬を上手に飲めなかったことを医師に告げると『こちらにしてみましょう』とゾフルーザを処方された。2錠を1回飲むだけで十分といわれて半信半疑でしたが、飲んでみると翌日には熱が引きました」(70代男性)

 大谷氏は、ゾフルーザを選んだほうがいいかは、人によって異なるとも付け加える。

「年を取ると吸引力が落ちるだけでなく、薬の管理も難しくなるため、高齢者には1回の服用で簡単に飲めるゾフルーザが適しています。今後は顆粒タイプも発売となる予定で、さらに飲みやすくなるはずです。

 ただし、胃腸が弱って薬を飲んでも吐いてしまう人は、吸入タイプのほうが適している。妊婦の方への投与については安全性が確立していないことを踏まえておく必要があります」

 新しい薬の特徴をよく知ったうえで、本格的な流行シーズンに備えたい。

※週刊ポスト2018年11月16日号

ジャンルで探す