コネタ

患者急増の味覚障害、健康面だけでなく家族関係にも影響

調味料をドバドバかける「味覚障害」が急増

「若い頃のように脂っこいはどうも……」──年齢を重ねれば、食の好みが変わるのは当たり前。ただ、加齢ととともに塩分の強い食事を取りたがる“味覚障害”を発症する人が増えている。日本口腔・咽頭科学会の調査では、1990年に約13万8600人だった味覚障害の推計患者数は2003年には約24万5000人と倍増している。潜在的な患者はもっと多いとする説もある。味覚障害に詳しい東北大学大学院歯学研究科の笹野高嗣教授(口腔診断学)はこう解説する。

「問題なのは、患っている高齢者に自覚が乏しいことです。そのため、患者数も正確に統計を取るのは極めて難しい。私が以前、ある老人ホームの入居者を調査したところ、3分の1以上に味覚障害の兆候が見られましたが、そのうち8割以上の人がそのことを自覚していませんでした。視覚や聴覚の症状に比べて本人が把握しにくいのだと考えられます。

 食べているものの味が薄いと感じて醤油やソースをドバドバとかけていると、多少“かけすぎたかな?”と思うことがあっても味覚の『順応』という作用から、徐々に“これが普通なんだ”と感じるようになるのです。そうするとますます自分の食べているものの味が濃すぎることがわからなくなっていく」

◆高血圧や動脈硬化のリスク

 たかが味覚の変化と侮ってはいけない。味覚障害を放置していると、健康を害するリスクが高まる。

「濃い味付けの食事ばかり摂っていると、塩分の過剰摂取となって高血圧や動脈硬化のリスクが生じます。ただ、これは味覚障害による弊害としては『入り口』に過ぎません」(同前)

 高血圧や動脈硬化の先には、脳出血や心筋梗塞など、命に関わる疾病リスクが待っている。

◆妻との唯一の楽しみが……

 笹野教授によると、そうした味覚障害の“入り口”にさしかかるのは、前期高齢者(65~74歳)の世代が多いが、定年退職を境に、人と食事する機会が減ってしまう人もいるため、危険なサインが見逃されがちになるという。問題は健康面にとどまらない。

「定年後の妻との二人暮らしで、唯一の楽しみで共通の会話といえば食事のことくらいだったのに、“味が薄い”“そんなに塩辛いのは食べられない”と、食事の度にケンカが絶えなくなってしまった」(70代男性)

 家族関係にまで影響を及ぼすこともあるのだ。

◆これからの季節に発症しやすい

 さらに、75歳を過ぎた年代になると別のリスクも生まれてくるという。笹野教授が言う。

「症状が進んで怖いのは、『食べ物の味がしないから食事がつまらない』と食べなくなってしまうこと。そうなると、栄養失調のような状態になってしまい、体重や免疫力の低下を招き、重篤な病気にもつながる。高齢者の味覚障害において、最も心配すべきパターンです」

 食への関心を失うことは、命を縮めるリスクに直結するのである。寒くなる季節は症状が進行しやすいので特に注意が必要だと笹野教授はいう。

「食べ物の成分は唾液をつたって舌の上に広がり、脳へ信号として伝わります。加齢で唾液が少なくなることも、味を感じにくくなる一因ですが、これから寒くなり乾燥した気候になると、口はさらに乾きます。冬季は味覚障害が発生、進行しやすいのです」

※週刊ポスト2017年10月13・20日号