コネタ

東宮御所の秘話 建設費入札1万円、消えたヒキガエルの謎

東宮御所のカエルが姿を消した理由は?(イメージ写真/アフロ)

 皇室用財産として国の管理下に置かれる以前から、紀州徳川家の屋敷が置かれていた赤坂御用地には、一般人が気軽に足を踏み入れることは許されなかった。そしてこの歴史ある赤坂御用地には、これまで語られることのなかった秘話も詰まっていた。

 現在の赤坂御用地の歴史は、もとは紀州藩藩主の私的な邸宅だった屋敷があった場所を、明治維新後の1872年に当時の藩主だった徳川茂承が宮内省(当時)に献上したことに始まる。皇太子ご一家の暮らす東宮御所をはじめ、秋篠宮邸、三笠宮邸、高円宮邸などが並ぶ、さながら「皇族の住宅地」だ。

 50万平方メートルの敷地内には鬱蒼とした森が生い茂り、その全容は神秘のベールに包まれている。だが、今回、関係者を取材すると、赤坂御用地の全容が垣間見えてきた。深い歴史があるだけにその中には、これまで語られることのなかったあっと驚く秘話から、不気味な話までが詰まっていた。

 現在の東宮御所は、両陛下の「世紀のご成婚」の翌1960年に完成し、生まれたばかりの皇太子さまと家族3人で生活をスタートされた。「夫婦の手で育てたいから」と、それまでの乳母(めのと)制度を廃止し、美智子さまのご希望で小さなキッチンも備えられた東宮御所の総工費は約2億3000万円だったという。

「大林組や清水建設といった大手工務店7社が共同で建築に携わりましたが、その前段階で、工事を請け負う業者選定の入札が行われました。その際、1万円という提示をした会社があったんです。皇太子ご一家の暮らす住居を作る名誉を得られるならば、持ち出しは構わないという考え方だったのでしょう」(皇室ジャーナリスト・A氏)

 ちなみに、設計作業を中心になって進めたのは東京工業大学の谷口吉郎博士。帝国劇場のロビー及び客席や東京国立近代美術館も手がけた谷口博士は、のちに赤坂御用地に隣接する「迎賓館和風別館」の建築も担った。

 延べ床面積約1200坪の東宮御所は、公務を行う公室部分、ご一家が日常生活を送られる私室部分、職員が働く事務棟に分かれている。

「庭には白樺などの北方系の植物が多く植えられています。この庭では、以前大きめのヒキガエルがわが物顔で闊歩する姿がよく見られていたんです。最近は、御用地内に棲みついたタヌキやハクビシンの餌食になってしまったのか、あまり見かけなくなりました。お年頃の愛子さまが大量のカエルをご覧になって悲鳴をあげるようなことにはならずに済みました」(宮内庁関係者・B氏)

 1990年に結婚された秋篠宮さまと紀子さまは、直後は、陛下の姉である鷹司和子さんが生前暮らしていた邸宅を改築して使用された。その後、旧秩父宮邸を1997年からご使用になっている。

「早々に2度にわたり改築工事が行われましたが、その際秋篠宮さまのご意向でソーラーシステムが取り入れられました。当時はまだ一般的でなく、生物の研究を通して環境への配慮などをお考えになっていた秋篠宮さまならではのこだわりだったのでしょう」(前出・B氏)

 秋篠宮ご一家が御用地に出入りされる際に使われるのは、秋篠宮邸のすぐ南東に位置する「巽門(たつみもん)」。かつては表町御殿正門と呼ばれ駐在員が警備を担っていた。秩父宮妃が存命中、駐在員の大きな仕事の1つに「新聞を届けること」があったとか。

※女性セブン2017年11月23日号