ロシア ウクライナに軍事侵攻

通話時間と個人情報の伝え方は“特に”重要!「マッチングアプリ」での出会いがうまくいく3つのコツ

「通話機能」を活用してマッチングアプリで恋人をつくるコツを紹介します。「通話で何を話したらいいかわからない」という人は必見。ルールを事前に決めておけば、すてきな人と効率よくデートできるようになるでしょう。

通話を使いこなせば、マッチングアプリで恋人はつくれる

マッチングアプリは、あなたに多くの出会いを運んでくれるツール。一方で、メッセージをくれた全員と会うわけにはいきませんよね。そこで役立つのが通話機能です。

通話はいわば、プレデートの役割。メッセージで親しくなった後に通話をすれば「会ったほうがいいかどうか」の指針となります。

・会話が弾む=「会って直接話す」
・会話が弾まない=「もう少しメッセージを重ねてみる」or「会うのはやめる」

上記のように、自分なりの基準を作ってみましょう。

マッチングアプリで、会う前の通話を成功させる3つのコツ

やみくもに通話しても、かえって効率が悪くなってしまうので、以下の3つのコツを意識しましょう。

1:通話時間は30分以内とし、3回までとする

2:事前に話題はピックアップしておき、個人情報を伝えすぎない

3:通話のゴールを設定しておく

上記を守れば、アプリで恋人ができる確率が上がるはず。どのように実行すればよいか、詳しく説明していきます。

コツ1:通話時間は30分以内とし、3回までとする

あまり長く通話をしても、会話に疲れてしまいます。顔の見えない相手なら、なおさらです。通話時間は30分以内を目安にしましょう。

また「電話で話すとすごく盛り上がる」という相手でも、通話回数は3回までがおすすめ。あまり多く話すと、実際に会ったときに話す話題がなくなってしまいます。

一度に通話する時間は30分で、合計3回まで。ルールを決めておけば「この時間の中で楽しく話そう」とゲーム感覚で通話でき、一石二鳥です。

コツ2:事前に話題はピックアップしておき、個人情報を伝えすぎない

相手のプロフィールを読み、関心のある話題をピックアップしておきましょう。

・出身
・趣味
・休日の過ごし方
・好きなタイプ

上記のような話題であれば、初めての相手でも話しやすいはずです。

また、通話ではあなたの個人情報は伝えすぎないようにしてください。詳しい住所などを教えるのは、相手が信用に足る人物か判断できるようになってからです。実際に会うまでは、慎重な行動をしましょう。通話の目的は、あくまで「会ってもいいかどうか」を判断するためだからです。

コツ3:通話のゴールを設定しておく

「恋愛観だけは知っておきたい」
「食事の好みが合うか確かめておきたい」
「付き合うなら長く関係を築くつもりがあるか話したい」

上記のように、あなたのなかで「これを聞ければOK」というゴールを決めておきましょう。その目標に向かい、会話をしてみてください。道筋があることで、話しやすくなるはずです。

またゴール設定によって、だらだらと話しすぎるのを防止できます。「今日はこれだけ話したかったから、またね」とキリ良く通話を切れるでしょう。「通話をやめるタイミングが分からない」という人は、ぜひ試してみてください。

通話を活用してすてきな出会いを引き寄せよう

マッチングアプリで通話を成功させる3つのコツを紹介しました。

筆者の知り合いで、デート前に通話をしなかった女性がいます。メッセージでは相性がよさそうな男性だったのに、会うとまったく会話のテンポが合わなかったのだとか。

このような失敗を避けるためにも、会う前の通話はおすすめです。反対に「会う前の通話で適度に打ちとけられ、楽しくデートができた」という女性もいました。

通話機能がついているアプリもあるため、誰でも気軽にデート前でも話せるはずです。ぜひここでお伝えしたコツを実践して、すてきな人と出会ってくださいね。
(文:今井 翔(恋愛ガイド))

ジャンルで探す