iPhone X以前ユーザーは迷わず買い!? カメラ機能充実のiPhone 13シリーズ、買うべきか買わざるべきか

アップルから「iPhone 13」が発表されました。予約は9月17日にスタートしており、発売日は9月24日。ラインナップは「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4モデルです。

2021年9月15日、アップルから「iPhone 13」が発表されました。予約は9月17日にスタートしており、発売日は9月24日。今回のラインナップも4モデルで、「iPhone 13」に加えて「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」となります。早速、今回買うべきiPhoneのモデルをチェックしてみましょう。

iPhone 13シリーズが発表されました(画像はApple Eventより)



iPhone 12と同じラインナップ。同じポイント異なるポイントをチェック

iPhone 13とiPhone 13mini、そしてiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの4モデルがラインナップしました。2020年に登場した「iPhone 12」シリーズとラインナップは同じで、画面サイズも同様です。本体サイズも幅と高さは同じで、奥行きのみ4モデルとも0.25mm厚くなっています。重量もそれに合わせて、5~16g重くなっています。

ディスプレイはOLED(有機EL)のSuper Retina XDRディスプレイで、最大輝度が向上し、より明るく表示できます。バッテリー駆動時間もすべてのモデルで伸びました。

より多くの5G周波数帯をサポートし、60の国や地域で、200以上の通信キャリアで利用できます。日本でももちろん利用できますが、iPhone 12と同様、5Gミリ波には対応しません。対応するのはアメリカだけのようです。

日本モデルは5Gミリ波には対応しませんでした


OSはiOS 15を搭載。CPUは15 Bionicを搭載していますが、A14 Bionicとの比較はなく、他社製品よりも50%高速、とぼやかしました。iPad miniの発表で紹介された情報から推測すると、あまり処理速度は変わっていないのかもしれません。

前モデルと同様、認証はFace IDが継続され、Touch IDはなし。ワイヤレス充電のMagSafe、IP68相当の防水性能、各種センサー、Lightning端子なども継承されています。フルモデルチェンジした「iPad mini」はUSB Type-Cを搭載しましたが、iPhoneはLightning端子が続投です。

CPUはA15 Bionicを搭載しています



広角カメラが強化されたiPhone 13とiPhone 13mini

ディスプレイサイズはiPhone 13が6.1型、iPhone 13 miniが5.4型です。メインカメラは1200万画素で広角がF値1.6、超広角がF値2.4となっています。また、画面上部のノッチが小さくなっているのもポイントです。20%ほど小さくなったのですが、画面の小さいiPhone 13 miniだと変化が大きく感じます。

カメラが斜めに配置されました


iPhone 13シリーズすべて、広角カメラがセンサーシフト光学式手ぶれ補正に対応しました。またセンサーサイズはiPhone 12 Pro Maxと同じ1.7μm/ピクセルになっています。大幅な画質向上が期待でき、メインで使うカメラとなるでしょう。

画面上部のノッチが小さくなりました


バッテリー駆動時間はiPhone 13 miniが最大1.5時間、iPhone 13が最大2.5時間伸びました。カラーバリエーションはピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、PRODUCT(RED)の5色です。メモリーのラインナップは64GBがなくなり、128GB、256GB、512GBの3つとなりました。

カラバリは5色です



センサーサイズが大きくなったiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max

ディスプレイサイズはiPhone 13 Proが6.1型、iPhone 13 Pro Maxが6.7型です。メインカメラは1200万画素で、広角のF値は1.5、センサーサイズは1.9μm/ピクセルになっています。iPhone 12ではPro Maxのみセンサーが大きかったのですが、iPhone 13ではProも大きくなっているのが嬉しいところです。

超広角カメラはF値1.8と、iPhone 13と比べて大幅に明るい。さらに、2cmまで近寄れるマクロ撮影も可能になりました。望遠のF値は2.8。望遠倍率はiPhone 12 Proの2倍、iPhone 12 Pro Maxの2.5倍から3倍に向上したものの、その分レンズが暗くなっています。このバーターがどう画質に影響を与えるのかは実機を手にしたらテストしてみたいところです。

3眼カメラを搭載。新たにマクロ撮影に対応しました


iPhone 13 ProとPro MaxのディスプレイにはPro Motionが採用されています。ディスプレイの表示を必要に応じて1秒間で最大120回の頻度で更新する機能です。消費電力の節約のため、グラフィック性能が不要なときは1秒間に10回まで更新頻度を抑えます。そのため、従来よりも滑らかな操作、動作が可能になります。デモでは、スクロールなどの急な操作の時に更新頻度が高まり、ぬるぬると動く様子が紹介されました。

ディスプレイは最大120Hzで動作するProMotionに対応しています


バッテリー駆動時間はiPhone 13 Proが最大1.5時間、iPhone 13 Pro Maxが最大2.5時間伸びました。カラーバリエーションはグラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4色です。メモリーのラインナップは1TBが追加され、128GB、256GB、512GB、1TBの4つとなりました。

カラバリは4色です



価格は8万6800円から! 最安価格はApple Storeと楽天モバイル

気になる価格は、8万6800円(税別)から24万3144円(税別)まで。iPhone 13 mini→無印→Pro→Pro Maxの順に高くなり、当然メモリ容量が増えるほど高くなります。

Apple StoreのSIMフリーモデルで比較すると、iPhone 12の同容量メモリーと比べた場合、iPhone 13と13 miniは1000円安く、iPhone 13 ProとPro Maxは5000円強値上がっています。

大手3キャリアはさまざまな割引きや下取りメニューを用意しており、その分、通常価格は高くなっています。通常価格で見ると、Apple Storeが一番安く、楽天モバイルが同じ価格です。楽天モバイルもアップグレードプログラムを利用することで大幅に安く手に入れられるので要チェックです。

Apple Storeでの価格はiPhone 13 miniの128GBが8万6800円(税別)、256GBが9万8800円(税別)、512GBが12万2800円(税別)となります。iPhone 13は128GBが9万8800円(税別)、256GBが11万800円(税別)、512GBが13万4800円(税別)となります。

iPhone 13 Proの価格は128GBが12万2800円(税別)、256GBが13万4800円(税別)、512GBが15万8800円(税別)、1TBが18万2800円(税別)となります。iPhone 13 Pro Maxは128GBが13万4800円(税別)、256GBが14万6800円(税別)、512GBが17万800円(税別)、1TBが19万4800円(税別)となります。

最も高いiPhone 13 Pro Max 1TBモデルは約20万円です



古いiPhoneを使っているなら迷わず買い! 11、12ユーザーであればニーズを見極めて

iPhone 13シリーズは例年に比べるとそこまでインパクトの大きい進化はありませんでした。全体的に順当に強化されており、iPhone 12sといったイメージです。とはいえ、カメラと撮影機能が大幅に強化され、バッテリー駆動時間もディスプレイの明るさも向上したのですから、とても魅力的です。

iPhone X以前のモデルを使い続けている、もしくはAndroidからiPhoneデビューを狙っている、というなら即買いでOK。もちろん、コンパクトなiPhone 13 miniやリーズナブルなiPhone 13でもいいのですが、動画を撮影することが多いなら、やはりiPhone Pro/Pro Maxの性能も見逃せません。

iPhone 11や12、それもProやPro Maxを使っているユーザーであれば、買い換える理由は少ないかもしれません。犬のユーチューバーを目指す筆者としては、ハイスペックのカメラに期待して購入は決定です。ゲームも好きなのでProMotionにも期待します。

筆者はiPhone 13 Pro Max 256GBを予約しました


筆者はiPhone 13 Pro Max 256GBを購入したのですが、価格は14万6800円とお高め。そこで、いつもなら手元に置いておく現行機種、iPhone 12 Proを下取りに出すことにしました。下取り額は7万1000円なので、約半額になり大満足です。今から届くのが楽しみです。
(文:柳谷 智宣(スマートフォンガイド))

ジャンルで探す