子供が自分からお手伝いしたくなる3つのコツ

家の中で家事をしているのはお母さんばかり……と感じている方、お子さんが家事に参加したくなる工夫をしてみませんか?

子供が自分からお手伝いしたくなる!

毎日やってもやっても終わらない家事。こちらからお願いして嫌々やってもらうのではなく、子供が率先してお手伝いをしてくれたら嬉しいな、と感じる方も多いはず。

ここでは、子供が自ら「家事に参加したい!」と思ってくれる工夫を3つご紹介します。

1. 大人が楽しそうに取り組む

たとえば、お菓子作りを想像してみてください。お母さんがお菓子を作るとき、楽しそうに取り組んでいませんか?

そんな様子を見ている子供は、「自分もクッキーをつくってみたい!」「卵を割りたい!」と自主的に参加する意欲を見せます。これらは全て「お母さんが楽しそうにやっているかどうか」にかかってくるのです。

では、毎日の掃除機がけ、洗濯物を畳む作業を思い出したときに、楽しく笑顔で取り組んでいますか? 全ての家事をいきなり楽しむのは難しいかもしれません。でも、子供が代わりに手伝ってくれそうな家事だけでも楽しんでやってみると「これって楽しいのか!」と興味を持ってくれる可能性はグンとアップしますよ。

どうしても楽しむのが難しい場合は、「畳むのって楽しいな」「キレイに畳めると気持ちがいいな~」などと意識して声に出してみてください。子供達の耳にダイレクトに伝わると共に、声に出すことで自分自身へも「楽しんでいる」と暗示をかけることができます。

もうひとつ、お父さんを巻き込むのも手です。

「お父さんが楽しそうにやっていること=面白いこと」と思っている子供が多いんですよね。たとえばBBQでお父さんが料理を作り出すと子供が手伝いたがるのもそうですね。障子の張り替え作業や換気扇の掃除など体力がいる家事は、ぜひお父さんメインで子供にも協力してもらいましょう。

2. お気に入りの掃除道具を用意する

掃除を子供に手伝ってもらいたいとき、効果的な方法があるのでご紹介します。

それは子供達と一緒に掃除グッズを買いに行くことです。我が家は小4と小1の男子2人とそれぞれ好きな掃除グッズを探して買うところから一緒に始めます。そうすると、やる気がアップしますし、掃除自体にも実験の要素が加わり、楽しんでやってくれますよ。

また、少し年齢が上がったら、掃除で使う薬品にも興味をもってもらいましょう。

アルカリ性の汚れには酸性の薬剤、というように、学校で習う理科が暮らしに直結していることを知れば、自主的に取り組んでくれる場合も。そのまま夏休みの自由研究に使えるので、記録をとっておくのも手ですね。

3. タイムトライアルなど遊びの要素を取り入れる

最後に、どんな家事にも有効な方法をご紹介します。家事はダラダラと長い時間やっていると誰だってイヤになります。そこで、お願いするときは「10分くらいで終わってくれていいからね」と時間を告げることをおススメします。

また、少しでも素早く取り組んでもらうには、ストップウォッチを用いたタイムトライアルも盛り上がりますよ。競争するような要素が加わることで、短時間で集中して取り組み、楽しさがアップします。我が家では、前回のタイムを記録しておき、毎回最短記録更新へと挑戦しています。

ここでは子供が家事に参加したくなるコツ3つをご紹介しました。どれも今すぐ簡単に試せることばかり。参考になりましたら幸いです。
(文:香村 薫(シンプルライフガイド))

ジャンルで探す