コネタ

「のし」を付けてはいけない贈答品がある!?

お歳暮やお中元などのギフトに熨斗(のし)を付けるのが当たり前だと思っていませんか?

お馴染みのものなのに、知っているようで案外知らない「のし」。ここでは、押さえておきたいのしのポイントを2問のクイズでご紹介します。知らないと困るおつきあいのマナーなので、きちんとチェックしてみてくださいね。

第1問:「のし」ってどれ?


「お客様、のしはお付けしますか?」

 お歳暮やお中元など、暮らしの中で様々な贈り物をしますが、そんなときお店で必ず聞かれることがあります。

「のしはお付けしますか?」

「はい、お歳暮でお願いします」

などと答えたりしますが、実はこの受け答えは間違っています。

さて、いったい何がおかしいのでしょう?

第2問:こんなとき、どうしますか?

お歳暮やお中元などで人気の魚介類ですが、注意しないと失礼なことになります…… お歳暮に魚介類セットを選んだ場合、のしはどうしましょう? あなたならどちらを選びますか


【A】:水引きと、右上に飾りの付いたもの 

【B】:水引きだけで、飾りの付いていないもの さて、【A】【B】どちらのセレクトが正しいのでしょう?

第1問の答えは、「のし」が何であるかを勘違いしているので、答えのピントがずれています。何がどうずれているのか、わかりやすくご説明しましょう。

のし(熨斗)ってどれ?

これが「のし飾り」で、中の黄色い紙が「のし」です。


「のし」といえば贈答品に付ける紙だと思っていませんか? のしは熨斗と書き、のし紙に付いているあの小さな飾りのことです。さらに正しく言うと、あの小さな飾りはのし飾りで、その中に包まれた黄色い紙がのしなのです。

あの黄色い紙は鮑を模したものでして、鮑の干物を熨した(のした=のばすこと)ものをのしあわび(熨斗鮑)といい、ここから熨斗(のし) という名前になりました。

のしが付いているから「のし紙」

多くの方が、贈答品に付ける紙を「のし紙」や「のし」と呼んでいますが、実は違います。

■「のし」と「水引き」が付いた掛け紙のことを「のし紙」といいます。
■「のし」はつかず「水引き」だけが付いた掛け紙は、本来「のし紙」と呼ぶのは間違いです。

のしが付いているから「のし紙」といいます。


ということは、第1問の例ですと、「のしはお付けしますか?」と聞かれれば「はい、付けてください」が適切ですし、「のし紙はお付けしますか?」となれば「はい、お歳暮でお願いします」になるわけです。

ややこしいですね~。まぁ、通常はそこまでこだわって考えなくても構いませんが、実はここからが大事です。知らないでいると、思わぬ失敗をするかもしれませんので、第2問の答えもきちんとチェックしておいてくださいね。

第2問の答えは、【B】水引きだけで、飾りの付いていないものです。では、その理由をわかりやすくご説明しましょう。

のし(熨斗)の由来

まずはのしの由来をご紹介します。のしの使い方まで、きちんと理解できるようになりますよ。

●神様に供え、吉事に欠かせなかった 鮑(あわび)


古来より吉事には魚や鳥肉のような生ものが欠かせなかったため、海産物を贈る風習がありました。

また、伊勢神宮では2000年も前から鮑をお供えするようになり、やがて日持ちのするのしあわび(熨斗鮑)が奉納されるようになりました (今でも伊勢神宮では本物の熨斗鮑を奉納しています)。こうしたことから、神の供物であるのし鮑を吉事に贈るようになっていきます。

●のし鮑が、めでたさの象徴として贈答品に添えられる
江戸時代に入ると、のし鮑が不老長寿や長寿延命に効く薬としても珍重されるようになり、さらに縁をのばす、命をのばす、慶びをのばすなど、めでたい物の象徴として贈答品に添えるようになっていきます。そもそも鮑はとても貴重ですから、贈り手のお祝いの気持ちや誠意を伝える最高の贈り物だったのです。

●本物から代用品へ、やがて印刷へと変化
 

見覚えありませんか? これは、のし飾りをさらに簡略化した「文字のし」です。


しかし、とても高価で貴重なのし鮑を手軽に贈ることはできません。そこで、代用としてのし飾りが作られるようになり、さらに簡略して奉書に印刷されるようになったのです。これがのし紙です。

こうしてのしの成立ちをみてみると、第2問の問題の意味がおわかりいただけるでしょう。のしそのものが生ものの代用なので、魚介類にはのしを付けないしきたりなのです。

それでは、のしの正しい使い方をまとめてみましょう。

のしの正しい使い方


【のしは慶事に使う】
もともと吉事に使われ、縁をのばす、命をのばす、慶びをのばすといった縁起物なので、お歳暮やお中元など様々な贈答品に使います。弔事に使ってはいけません。

【魚介類や肉などの生ものには のしを付けない】
のし自体が生ものの象徴なので、意味が重複してしまうからです。のしのない、水引きだけの掛け紙をつけましょう。

贈答品にのしを付けるのは当たり前ではありませんので、気をつけてくださいね。
(文:三浦 康子)