ロシア ウクライナに軍事侵攻

#6 ママ友が消えたのは私のせい? キラキラしたママ友が飲み会で漏らした言葉『消えたママ友』

<<『消えたママ友』をすべて読む>>

いつかの有紀ちゃん

前回の続きです。

6 1

6 2

6 3

6 4

6 5

6 6

6 7

6 8

6 9

6 10

6 11

6 12

消えてしまった有紀ちゃんの気になる言葉。
異変を感じた私に、有紀ちゃんの息子・コーくんがさらに気になることを言ってきて……!?

続きは書籍でお楽しみください!

(漫画:野原広子『消えたママ友』(KADOKAWA)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

<<『消えたママ友』をすべて読む>>

<関連リンク>
#1【野原広子さんが描くもう1つのママ友関係】無視に悪口、いい大人なのにばかみたい。それでも私は笑顔で耐える『ママ友がこわい』
#1【野原広子さんの人気作】夫の顔色をうかがう毎日。私は夫が「大嫌い」『離婚してもいいですか? 翔子の場合』
#1【嫉妬に狂う女の影】恐怖! 私のSNSに力強く「いいね」を押す女の正体は『その人って本当に、ママ友ですか?』

書籍『消えたママ友』について

仲良しだったママ友の有紀ちゃんが、ある日突然姿を消した。
保育園のママたちの言う噂では男を作って逃げたらしいけれど……?

仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。
平凡な日常を襲った事件を巡って、ママたちがじわじわと自分たちの闇に気づいていく。

第25回手塚治虫文化賞短編賞受賞した超話題作。

どうしてママ友はいなくなってしまったの?

かわいいイラストで描かれるミステリーコミックエッセイに目が離せません。




著者プロフィール
野原広子
イラストレーター、漫画家。イラストレーター、漫画家。著作に『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』『離婚してもいいですか?』『離婚してもいいですか?翔子の場合』『娘が学校に行きません-親子で迷った198日間-』(KADOKAWA)など。

ブログ 野原広子のブログ

ジャンルで探す