隔離なしで入国可能 「コロナ禍のハワイ旅行」で欠かせない手続きを解説

コロナ禍のハワイ旅行でやっておくべき手続きは?

コロナ禍のハワイ旅行でやっておくべき手続きは?

 太陽の光を受けてキラキラと輝く青い海。どこまでも続く白い砂浜──憧れの海外ビーチでバカンスを満喫できる日は、意外にもすぐそこかもしれない。

【写真】タイ・プーケット、ホテルのプールに浮かびバカンスを満喫する女性

 緊急事態宣言の解除に伴い、県をまたぐ移動が解禁に。14日間に設定されていた海外から帰国後の自主隔離期間も、ワクチン接種が完了していれば10日間に短縮となった。旅行へのハードルがぐんと下がり、旅行代理店には、多くの客が押し寄せているという。

「緊急事態宣言の解除後、予約数が1.5倍に上がりました。京都など紅葉が美しい観光地が人気で、海外旅行の問い合わせもみられるようになりました」(HIS広報室)

 旅行予約サイト「ブッキング・ドットコム」の調査によると、7~8月の海外旅行先として、最も多く検索されたのはハワイ。2位以下はタイ、フィリピンとビーチリゾートが続いた。8月にハワイ・オアフ島を訪れた、航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんはこう話す。

「すでにハワイには、アメリカ本土からの観光客が殺到していて、街は活気を取り戻しています。屋外ではマスクなしで過ごせるため、行き交う人の笑顔が印象的でした。リモートワークや、定年退職後で時間の余裕があれば、旅行を検討してもいいでしょう」

 日本人客もハワイへ渡る人が増えているという。いち早く客足が戻ってきた大きな要因は、隔離期間なしで入国できることだろう。

「羽田空港でチェックを終えていれば、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に到着後は対面での入国審査だけ。15分ほどで空港を出ることができました。空港から出た後は、公共交通機関を利用できます」(鳥海さん)

 さらに、「HI Got Vaccinated(ワクチン接種済み)」というキャンペーンも見逃せない。参加店舗でワクチン接種証明書を提示すると、さまざまな優待を受けられるというものだ。たとえば、オアフ島内に11店舗ある人気のピザ店「パパ・ジョンズ・ピザ・ハワイ」では、すべてのピザが50%オフに。出張マッサージサロン「アロハヒーリング」では、一部の施術が50%オフになる。

「ワクチン接種証明書」はワクチンの種類に注意

 一方で、手続きに不備があれば、いくら健康体でも入国拒否される可能性も。コロナ禍で欠かせない手続きを鳥海さんが解説する。

「まずは、出発の72時間以内に、日本国内にあるハワイ州保健局指定の医療機関でPCR検査を受け、『陰性証明書』を取得しましょう。指定外の医療機関のものは無効なので要注意です」

 次に、出発の24時間前までに「ハワイ州セーフトラベルズプログラム」のウェブページにアクセス。連絡先、フライト情報、健康状態などを登録する。渡航者本人が登録できない場合、家族のメールアドレスを使って登録することも可能だ。

「登録後にメールで届くQRコードを、入国審査の際にパスポートと一緒に提示します」(鳥海さん)

 航空会社のチェックインカウンターで提出が必要なのがサイン済みの「CDC(アメリカ疾病予防管理センター)への宣誓書」。航空会社が用意している場合も多いが、自宅でインターネットから出力し、記入しておくと安心だ。そして、忘れると困るのが、「ワクチン接種証明書」だという。

「9月13日以降、レストランやフードコート、動物園などの人が集まる場所では、それぞれが接種した自治体が発行する英文の『ワクチン接種証明書』が必要です。ワクチンの種類にも注意が必要。ハワイ州の場合、対象となるのはモデルナ、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンの3種。アストラゼネカを打った人は旅先を再検討した方がいいかもしれません」(鳥海さん)

 ワクチン接種済みであっても「もし、現地で新型コロナに感染し、体調不良になってしまったら……」という不安はぬぐえない。感染したら帰国できないだけでなく、入院ともなれば莫大な医療費がかかる。万が一の事態に備え、海外旅行保険にも加入しておきたい。

※女性セブン2021年10月21日号

ジャンルで探す