マスク生活はいつまで…60代女性が気づいた「気休めとしてのマスク」への違和感

マスク生活はいつまで続くのか(写真はイメージ)

 コロナ禍も落ちつき、そろそろ脱マスクに向けて、本格的に動いていきそうな気配。しかし、まだまだ多くの人々がマスクを着けて過ごしている──。女性セブンの名物ライター“オバ記者”こと野原広子さんが、マスクに対する違和感について綴る。

 * * *
 家を出て駅に行くまでの間、ちょっとした問屋街があるの。午前中は道行く人もまばら。なのに、すれ違う人全員がマスクをしている。それを見た私も手に持っていたマスクを慌ててつけ出したところで、笑っちゃった。まったく何のためのマスクよ。

 まぁね、薄々おかしいとは思っていたのよ。

 東京都のお知らせメールに登録していて、私のスマホに毎日、都の感染状況が送られてくるんだけど、5月14日からずっと、重症者数が0から4人の間。ってことはほぼ収束したってことでないの? 目に見えないウイルスがいつ何時、また暴れ出すかわからないって、そりゃそうだけど、人もまばらな道路や空が大きい田舎でマスクをつける意味がわからない。

 実は私、去年の春頃からまったくワイドショーを見なくなった。コロナ騒ぎが始まって「大変だぁ〜!」と大騒ぎしていた一時期は欠かさず見ていたけど、そのうち飽きたというか、呆れたというか。

 だって、感染症専門家の人の話ってモヤつくだけなんだもの。出てくる人の顔こそ変われど、一本調子で不安をあおる芸風(?)は皆一緒。

 専門家だけじゃない。小池百合子都知事の会見もかなりきてるよね。

 重症者数が一桁なのに、「コロナの闘いはまだ続いているところでございます。マスクは場面に応じて正しく着用をお願いします。日々の生活でもそうですが、レジャーの際も実践をしていただければと思います」(6月10日)と言われてもさ。

「人口100万人あたりの死者数が他国を抜いて少ないのが日本。2位のニュージーランドを抜いて1位になりました」という報告のときも、結局は「引き続き感染対策を」(6月17日)でまとめるんだよね。で、ふっと鼻で笑った後、「何度も何度も何度も申し上げてきましたが」と言うんだけど、彼女、上から目線で、いつまでマスクをつけていろと言うのかね?

 ま、とはいえ私たちにも反省すべきことはある。それはマスクで覚えたラク。小池さんはマスクから出した目元に完璧なメイクをしておられるけれど、たいがいの中高年女性は、顔の3分の1を隠してくれるマスクのラクさに安住してるのよ。

「それでメイクはどんどん適当になって、コロナとは別の理由で外しにくくなっているの」―なぁーんてことを、佐賀県唐津市に移住したネットニュース編集者の中川淳一郎さんに話したら、

「それは補正下着と一緒。装着しているときは格好がついているような気になってもそのときだけ。コンプレックスをこじらせるだけです。

 何より、顔半分隠している自分って不自然でしょ。ワシはそれがイヤで、マスクなしで気兼ねなく歩ける唐津から出たくないんです」

 ですって。さすが新著(新潮新書『よくも言ってくれたよな』)で「マスク固持派」をバッサバッサと小気味よくなぎ倒しておられるだけある。

 彼はその著書の中で《恐らく2022年末は「なんで我々はあんなにコロナを恐れていたのだ……」という論調になっていることでしょう。そうなっていなかったら本格的に日本はヤバい》と書いています。

 ヤバいといえば、私の場合、身体的理由からマスク着用がヤバいときがあるんだよね。バスや飛行機に乗るとアナウンスで、「感染予防のためにマスクをつけてください」と言った後にサラッと「特にお体に問題があるかた以外は」とつけ加えるんだけど、実は私はその当事者で、お体に問題がありありなんですってば。

 私は心臓に持病があって、先日2度目の心房細動の発作を起こしたんだけど、マスクをつけて階段を上ったりすると心臓の拍動が激しくなるのよ。で、たまらずマスクを外して深呼吸をすると「おお、酸素だ」と体が喜んで、心拍数も落ち着いてくる。

 だから、ホントに困るよ。電車でも飛行機でも、「ほかのお客様の安心のためにマスクをつけましょう」とアナウンスされると。「安全」じゃなくて「安心」ってことは、マスクは気休めってことでしょ? それなら、人様の気休めより自分の体調を優先したいけど公共の場でそれを伝えるのはけっこう難しいよ。いっそのこと、首から「身体的事情でマスク無理」というプラカードでもさげるか?

 とか言いながら、梅雨明けが見ものだと思う。

 ついこの間、「屋外で2m以上離れていればマスク不要」と厚労省が言い出してから、口紅が急に売れ出したらしいけど(都内の某デパートでは売り上げ2割増!)。最後に口紅を買ったの、いつだったかしら。結局、人は必要と思わないことをいつまでもし続けられないんだって。

 新型コロナウイルスの感染が2019年12月に始まってから、今年で3回目の夏。

 そういえば今日の帰り道、うちの近所でマスクなしのサラリーマンを何人も見かけたし、車のドライバーはタクシー以外、半分はマスクをつけていなかったよ。

【プロフィール】
「オバ記者」こと野原広子/1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする。

※女性セブン2022年7月7・14日号

ジャンルで探す