エレカシ楽曲が故郷・赤羽の駅メロに「誇らしく、うれしく」

エレファントカシマシの楽曲がJR赤羽駅の駅メロに

 ロックバンド・エレファントカシマシの代表曲「今宵の月のように」「俺たちの明日」の2曲が、11月16日初電から東京・北区のJR赤羽駅の発車メロディーとして使用されることが決定した。ボーカルの宮本浩次らメンバー4人中3人は、赤羽の旧赤羽台中学校の同級生とあり、故郷とのコラボレーションに感激している。

 エレカシの楽曲はJR赤羽駅の5~6番線ホーム(宇都宮線(東北線)・高崎線・湘南新宿ライン)で使用。5番線(池袋・新宿・横浜・大船方面)は「俺たちの明日」を、6番線ホーム(大宮・宇都宮・高崎方面)は昨年の『NHK紅白歌合戦』でも披露した「今宵の月のように」が起用され、朝、都心へ向かう方面では「さぁ、がんばろうぜ」というメッセージが、帰宅者の多い方面では明日への希望が沸くメロディーが「ドーン!」と鳴り響く。

 エレカシはこれまで、ジャケット写真などをたびたび赤羽で撮影。昨年末には『NHK紅白歌合戦』初出場を祝う横断幕が、赤羽一番街商店街をはじめ地元有志などにより赤羽の街に掲出されるなど、地元からも愛され親しまれる存在。ボーカルの宮本は「故郷(ふるさと)赤羽駅の発車メロディにぼくらの曲が使われる、これはもう信じられないような、でも、誇らしく、うれしくなんかとてもあったかい気持ちになります」とのコメントを寄せた。

 これを機に北区は、人気漫画『東京都北区赤羽』で知られる清野とおる氏のイラストによるポスター・横断幕・懸垂幕・ステッカーを制作した。ポスターは全5パターンで、赤羽駅の改札口に立つエレカシをイラスト化したもの、「今宵の月のように」をイメージし、うさぎならぬエレファントが月で餅つきするものなど、こちらもエレカシとのコラボとなっている。

 清野氏は「赤羽で過ごした日々の背景には、常にエレカシの曲が流れていたように感じます。そして、曲に救われた事も何度となくありました。この様な形でご一緒できて、赤羽冥利に尽きます」と感慨深げ。ポスターは今月中旬から赤羽の商店街、個店、区有施設、赤羽駅などに掲出される。

 また、赤羽観光PRコーナー(赤羽エコー広場館内)では、11月中旬からポスター全種類の展示や動画などの放映を実施。発車メロディーのスタートを記念し、11月16日には赤羽会館講堂で「映像先行上映会&座談会」を予定されている。

■エレファントカシマシ 宮本浩次コメント
ぼくは赤羽に行くといつだってほっとします
それは、赤羽はぼくの故郷(ふるさと)だからです
そんな故郷(ふるさと)赤羽駅の発車メロディにぼくらの曲が使われる、
これはもう信じられないような、でも、誇らしく、うれしく
なんかとてもあったかい気持ちになります
本当にありがとうございます
宮本浩次

ジャンルで探す