山本美月&小野賢章が『ハリポタ』衣装で登場! スタジオツアー東京1周年をお祝い

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 1周年アニバーサリー イベント」の様子

 クランクイン!

 6月16日(日)にオープン1周年を迎える「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」は、同日から「1周年アニバーサリー」を1ヵ月間開催。それに先駆け6月10日(月)に「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 1周年アニバーサリー イベント」が行われ、女優の山本美月、映画『ハリー・ポッター』シリーズでハリー・ポッターの日本語吹き替え声優を担当した小野賢章がゲストとして登場した。MCを務めたのは、大の『ハリポタ』ファンであるハリー杉山。200人のファンとともに盛大に1周年を祝った。

■小野のおねだりに会場爆笑

 今回始まる「1周年 アニバーサリー」では、1周年記念のグッズやアフタヌーンティーの販売を行うほか、小野の声が収録されたデジタル音声ガイドの提供を実施。ツアーの一番最後の部屋にある「ワンドルーム」では、日本語吹き替えキャストの杖も追加されたという。

 1周年があっという間だったという小野は、1年前に行われた本施設のオープニングセレモニーを回顧。「ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトンさんが来日されていて、一緒に登壇させていただいたんですね。その控室で『ハリー、ようやく会えたな』って話しかけてくださったんですけど、僕に話しかけてくれた時に限って通訳さんがいらっしゃらなくて、伝えたいことはいっぱいあるのに英語が出てこなくて!」と後悔したエピソードを告白。その後、トムは「またな」と言って去ってしまったと話し、会場は笑いに包まれた。

 一方、山本はこの日初めて「スタジオツアー」を訪れたとのこと。『ハリー・ポッター』の小説を発売日に読み切るほど子どもの頃から『ハリー・ポッター』大好きだそうで、特に感動したのは「ハグリッドの寝室」だと話す。「映画で描かれていない部分らしくて、ハグリッドってクマのぬいぐるみと寝るんだ! と思いながら見ていました。すごく可愛いんですよ。感動しました。ここに来ないと見られないですもんね」と大興奮の様子だった。

 そんな山本は昨年5月に第1子誕生を発表し、母になって“1周年”を迎えた。成長の早さに驚いたと話す山本に、小野は「もう少し成長したら、お子さんに『ハリー・ポッター』を見せる予定はありますか?」と質問。「もちろん! 我が家の教科書です」と話す山本に、「ぜひ日本語版でも…」と小野はリクエストし、会場は爆笑。「当たり前です!」と山本は返し、和やかなムードに包まれた。

 イベントの最後には、『ハリー・ポッターと賢者の石』をイメージした、大広間で帽子を投げる演出も。ダンブルドアやドビーのコスプレをまとって訪れたファンもおり、『ハリー・ポッター』愛に包まれた1周年の幕開けとなった。

【「1周年 アニバーサリー」概要】
日程:6月16日(日)~7月15日(月)

ジャンルで探す