感染症予防にはコレを食べよう! 病気知らずな名医の朝ごはん

あなたは今朝、どんな朝食をとっただろうか? もしかすると「朝はコーヒーのみ」「時間がないからサプリだけ」という人も多いかもしれない……。ところが、長年医療現場にいる現役医師の“常識”の一つとして、「朝ごはんこそが、あなたの健康をつくる!」というものがある。

たとえば、病気や不調の9割は「冷え」が原因であることをご存知だろうか? じつは、体を温めて、その「冷え」を撃退し、免疫力アップで万病を防ぐ秘訣こそが、朝食にある。つまり、今もっとも気をつけたい“ウイルス感染症予防のカギ”が朝食にある、といっても過言ではないのだ。

そう、朝食をしっかりとることで、体と心の不調はみるみる消え、老化はストップし、腸内環境が整えられ、先述した通り、今こそ気をつけたい“免疫力”をアップさせることが可能になるのだ。

『病気知らずの名医が食べている 長生き朝ごはん』(小社刊)では、現役医師と栄養士の夫妻が考案した“老化も不調もけちらす食事術”が、おしみなく掲載されている。こんな時期だからこそ、ぜひとも手にとってほしい一冊だ。

長生き朝ごはん/ 今津嘉宏+今津美幸

生活の知恵として伝わる長生き食材とは?

全身の冷えの解消、免疫力アップ、老化を止める、生活習慣病の予防・改善、腸内環境を整える……etc。朝食を食べることで得られる効果は数え切れないほどあるものの、「朝食が大切なのはわかったけれど、じゃあ、何を食べればいいの?」と思う人もいることだろう。

今津医師も、診察時に「健康のために何を食べればいいのでしょうか?」と質問を受けることも多いのだとか。そんなとき、先生は「おじいちゃんやおばあちゃんが言っていたことを思い出して食べてみましょう」とアドバイスをするそうだ。

すなわち、何世代にもわたって言われてきたこと、生活の知恵こそが、実験をくり返してきた“結果”。つまり、“健康にいい食材”につながっていると考えるからである。

そこで、それらの知恵をまとめた上で「長生き」するために、ウイルスや細菌を寄せつけないために、朝ごはんに何を食べたらいいのか。科学的に正しい食事、必要な栄養素と合わせて“朝ごはんにとりたい長生き食材”として、3つを披露するとともに、時間のない朝の味方となるであろう「作りおきおかずのレシピ」についても紹介していきたい。

生活の知恵として伝わる長生き食材とは? イメージ:PIXTA

長生き食材 その1「ブロッコリー」

まず、最初に披露したい長生き食材は、ブロッコリー。ブロッコリーの特徴は、芽の部分にスルフォラファンが豊富に含まれていること。

このスルフォラファンには、解毒酵素や抗酸化酵素を活性させる作用があることが知られている。がん予防や白内障予防にもパワーを発揮し、血液をサラサラにする作用も!

『長生き朝ごはん』(小社刊)より

長生き食材 その2「きのこ」

きのこは、現代人に欠かせない食物繊維を豊富に含んだ食材である。食物繊維は腸内細菌の働きによって分解され短鎖脂肪酸に変わり、腸内細菌を活性化、腸粘膜の栄養となって交感神経を活性化。

結果として、代謝が高まり肥満防止にも効果がある。また、βグルカンが免疫を活性化することでウイルスへの抵抗力を高め(免疫力アップ!)、抗がん効果がある点も見逃せない。

『長生き朝ごはん』(小社刊)より

長生き食材 その3「高野豆腐」

古くから保存食として親しまれてきた高野豆腐は、防腐性(抗菌性)と抗酸化性が高い食材。

高野豆腐の製造過程で、豆腐に含まれる大豆タンパク質は、レジスタントプロテインという物質に変化。レジスタントプロテインは血糖値の上昇を抑えて血管の老化を抑え、老廃物の排出を促進してくれる栄養素である。しかも、通常のタンパク質と比べてカロリーが半分になるというのもうれしいポイント。

『長生き朝ごはん』(小社刊)より

『病気知らずの名医が食べている 長生き朝ごはん』には、このほかにも“7大長生き食材”がすべて紹介されているのみならず、食材の食べ方のコツ、それらの食材を使った二週間分の朝食献立レシピ、そして、ぜひとも取り入れたい、朝食の効果を倍増させる「朝の長生き習慣」についても、くわしく掲載されている。

朝食を上手にとることが、長生き、そしてウイルス感染症から身を守るための秘訣……。心身の健康のために、なにより大切な朝食を毎日楽しく食べるために、さっそく「長生き朝ごはん」を始めてみてはいかがだろうか?

※本記事は、WANI BOOKOUT <https://www.wanibookout.com>[特集]話題本ピックアップ (2020年4月20日)「病気知らずの名医が食べている 長生き朝ごはん」を加筆編集したものです。

ジャンルで探す