コロナ禍も乗り越えた元レスラー・松永光弘が「経営本」を出す理由

コロナの感染拡大により、特にダメージが大きいのは飲食業界だろう。そんな状況下の中で、いかに生き残っていくべきか? 墨田区立花で人気ステーキハウス『ミスターデンジャー』を経営するのが、元プロレスラーの松永光弘さん。何故このタイミングで本を出すことにしたのか、その理由について聞いた。

ステーキハウスの経営のノウハウを詰め込んだ

――7月27日に松永さんの新刊『オープンから24年目を迎える人気ステーキ店が味わった デスマッチよりも危険な飲食店経営の真実』(小社刊)が発売されました。文字どおり、松永さんが経営するステーキハウス『ミスターデンジャー』の真実を余すことなく綴った本で、コロナの感染拡大下での奮闘記も綴られています。

▲デスマッチよりも危険な飲食店経営の真実

松永 この時期に出版するのはどうなのかな、という気持ちもたしかにあったんですけど、逆に「こんなときだからこそ出すしかない」と思いました。そうやって動いていかないと、いつまでも何もできないじゃないですか? 最初に「夏に出しましょう」と提案してくださったのはワニブックスさんだったんですけどね。

――当初は「コロナウイルスが落ち着いてから」という話をしたと思うんですけど、これはあとになって「こんなこともありましたね、たいへんでしたね」と振り返るような本ではないな、と感じたんです。こんな時代を生き残るためのヒントが、松永さんの言葉にはたくさんあるので、なるべく早く出版して、たくさんの方に読んでいただきたいな、と。

松永 ちょうど(コロナ禍の影響で)5月の後半に『ミスターデンジャー』を休むことになったので、そこで本を書く作業を進めさせてもらいました。いやぁ、店をオープンしてから24年が経ちますけど、あんなに長く休んだことなんてなかったので、もう時間の使い方がわからなくて(苦笑)。この本の話があって、本当によかったですよ。

▲ふだんは行列ができる人気店だが5月の後半を休業した

――時節柄、旅行にすら行けませんでしたからね。ただ、そのタイミングで書いていただけたことで、コロナショックが始まってから緊急事態宣言解除に至るまでの過程が、すべて本の中に出てくるんですよね。ここまで「コロナとビジネス」について、現場の目線でリアルに描いた書籍は、まだどこにもないと思います!

松永 たしかにそうかもしれないですね。私もさすがにいろいろと気持ちが揺れました。先ほど「5月後半は店を休みにした」と言いましたけど、5月の頭までは休もうなんて考えていなかったですから。ただ、日々状況が変わっていくので、こちらの考え方も変わっていく。今回、本を出そうと思った理由もそういうことです。前に本を出してから13年も経つので、店の状況も私の考え方も変わってきたし「そろそろ経営に関する本にまとめたいな」と。実際、ノウハウや心構えなど、ここまでステーキハウスの経営に特化した本は今回が初めてです

お客さんの「この日を待っていた!」に感動

――特に今年に入ってからの心の揺れ動き方は刺さりました。職種を問わず、すべての人があの時期、悩んだり、戸惑ったり、立ち止まったりしてきたので。いまもまだ悩んでいる方がたくさんいるかと思います。『ミスターデンジャー』は6月1日から営業を再開されました。

松永 正直、怖かったですね。「本当にお客さんは戻ってきてくれるのかな」と。それが再開すると同時に、たくさんのお客さんに足を運んでいただいて。私は厨房で肉を焼き始めると、ちょうどお客さんに背を向けるような恰好になってしまうので、お客さんの顔は見えないんですけど「この日を待っていた!」という感情が背中越しに伝わってくるんですよ。あれはうれしかったですね。ちょっと感動しました。

――「外出しないでください」という呼びかけはイコール「外食しないでください」ですから、みなさん外食したくて仕方なかったと思います。特にデンジャーステーキは家で再現できるものではありませんから。

松永 緊急事態宣言が出たときにはテイクアウトも始めたんですよ。以前から要望はあったんですけど、なかなかそこまで手が回らなくて。週末はどうしても混みあって3密を避けるのが難しくなるので、テイクアウトのみの営業なんかもしてみて、それはそれで好評だったんですけど、通常に近い営業時間に戻したら「やっぱり店で食べたい」という方が圧倒的に多くて、あぁ、やっぱりそうだよな、と。

――編集スタッフも打ち合わせと称して、何度となくデンジャーステーキを食べに行ったんですが、なんていうんですかね、まさに「肉を喰らう!」って感じじゃないですか? 体が元気になるだけでなくて、なんか心も元気になれるんですよね。人間、疲れたときはやっぱり肉だな、と痛感しました。

▲こんな肉厚で柔らかいステーキは他店ではお目にかかれない

松永 そういっていただけるとありがたいですね。でも、本当に外出を控えてください、というのは外食産業にとっては残酷すぎる通告でした。実際に「えっ、あの人気店が?」という有名なお店が閉店を余儀なくされた、という話をいくつも聞いています。本当だったら、お店をやっている友人や知人に電話でもして連絡を取るべきなんでしょうけど、ちょっとできなかったですね。「大丈夫か?」と聞いたところで、誰ひとりとして大丈夫な人なんていないわけで……あっ、でも「今、すごく儲かっている」というお客さんがいましたね。

――コロナ禍で?

松永 大きな建物のメンテナンスをする仕事の方で、百貨店とかがみんな休業に入ったので大口の仕事がドッと入ってきたらしいんですよ。ただ、それはいずれ入ってくるはずだった仕事が、この時期に前倒しでまとめて入ってきただけで、のちのち苦しいことになる。本当にとんでもない事態になりましたね。

――プロレス界もしばらく興行が打てませんでした。最近になって、ようやくお客さんを入れての試合ができるようになりました。

松永 以前は両国国技館でビッグマッチがあると、試合後にお客さんがどんどん店に流れてきましたけど、最近はそういうことも減りましたね。もう私がプロレスを引退してから10年以上、経っていますからね。私が元プロレスラーであることを知っている方は多いかもしれませんけど、私の現役時代に会場で応援してくれていたファンの方で、いまでもプロレス会場に足を運んでいる人はずいぶん減ってしまったんじゃないですかね? そっかぁ、あんまり意識してこなかったですけど、もうリングを降りて、ステーキに専念してから、そんなに経つんですねぇ〜。


<店舗情報>
■ステーキハウス『ミスターデンジャー』
立花本店
住所:東京都墨田区立花3-2-12 田中ビル1F
TEL:03-3614-8929
営業時間:PM5:00~PM10:00(ラストオーダーPM9:30)
定休日:水曜日
※暫くの間、営業時間が変動いたします。詳しくはホームページ(https://www.mrdanger.jp/)をご覧下さい。

ジャンルで探す