「新玉ねぎ、袋買いしてもすぐなくなる」 企業が教える『楽うま』レシピがこちら

※写真はイメージ

春に旬を迎える新玉ねぎは、瑞々しくて辛みが少ないのが特徴です。

この時期にしか味わえないため、スーパーマーケットなどで見かけた際には、袋買いをするという人も多いかもしれません。

2024年4月、株式会社クレハのキッチン用品『キチントさん』シリーズのX(Twitter)アカウントは、新玉ねぎを使った簡単レシピを公開。

「袋買いをしても、すぐになくなる」という、新玉ねぎの食べ方とは…。

新玉ねぎのチーズ焼きが『楽うま』

同アカウントが紹介したのは、くし切りにした新玉ねぎに調味料を絡めて、チーズをのせて焼くだけの簡単レシピです!

【材料】

・新玉ねぎ 1個

・白だし 大さじ1杯

・おろしニンニク 小さじ2ぶんの1杯

・味噌 小さじ4ぶんの1杯

・ピザ用チーズ 30g

・黒コショウ 適量

まず、新玉ねぎをくし切りにして耐熱ボウルに入れます。

白だし、おろしニンニク、味噌を加えて混ぜてからふんわりラップをし、500Wの電子レンジで4分加熱しましょう。

アルミホイルを敷いた耐熱容器に新玉ねぎを移し、チーズをのせて250度のトースターで焼き色が付くまで焼いてください。

最後に黒コショウを振れば、完成です!

新玉ねぎとチーズ、調味料だけで作ることができるため、あと1品欲しい時などに活躍しそうですね。

投稿には「作ったらめっちゃうまかった」「メモした」「カットしたアボカドの上にのせて焼いてもおいしそう…」などのコメントが寄せられました。

同社が「新玉ねぎは全部これで食べたくなるくらいおいしい」と太鼓判を押す、新玉ねぎのレシピ。

旬が過ぎてしまう前に、試してみる価値はありそうです…!


[文・構成/grape編集部]
出典
@krewrap_kureha

動画や画像が表示されない場合はこちら

ジャンルで探す