開店準備をしていた書店 設置した看板に「逆に目立つ」「いい味出してる」

多くの店は、客を呼び込むために看板を建物の外観に設置します。

色や大きさなどを工夫することで、看板を目立たせたり、店のイメージを表現したりするでしょう。

東京都杉並区の高円寺で、2022年9月1日のオープンに向けた様子などを投稿している、書店『蟹ブックス』のTwitterアカウント(@kanibooksclub)。

同店は看板を設置した後、心配になったことがあるといいます。

看板が小さすぎたでしょうか?

窓の下に、『本』と書かれている看板。

同店が気にしていたように、確かに看板は小さく見えます…!

とはいえ、丸くて小さい形が、どこかかわいらしいですよね。

【ネットの声】

・この小ささが、逆にいい味を出しているのかもしれない…!

・小さいからこそ、目立っているともいえる!

・探してしまうほど、魅力的な看板!

オープン前から話題を呼んだ同店。

お店が開いたら、多くの客が足を運ぶ光景が目に浮かびますね!


[文・構成/grape編集部]
出典
@kanibooksclub

動画や画像が表示されない場合はこちら

ジャンルで探す