これはムズイ【螽斯】なんと読む?童話に出てくるあの虫さん

こんな難関な漢字見たことない!
【螽斯】、あなたは読めましたか?
正解は、誰もが知るあの有名童話に登場するあの虫さんです♪

(1)【螽斯】の読み方は?

螽斯の読み方、童話からなんとなく予想はできましたか?
正解は…「キリギリス」です!
童話では悲しい結末を迎えてしまう、あのキリギリス。
キリギリスは古い名称で、現在ではこおろぎと呼ばれているのは知っていましたか?
以下で、キリギリスの面白い由来をチェックしてみましょう。

(2)【螽斯】の名前の由来は恐ろしい!?

螽斯の名前の由来は、少しホラーなんです…。
実は螽斯は肉食系で、1度噛み付いたら体が千切れても噛み続ける執着の激しい虫。
童話では、弱々しいイメージですがこんなに怖い虫だったとは驚きですよね。

(3)【螽斯】の意外な性格とは

そんな怖い螽斯ですが、実は気弱な性格。
危機感を感じるとすぐに死んだフリをして、硬直してそのまま逃げて、難を逃れることもあります。
螽斯も人間のように、二面性のある面白い虫なんですね。
鳴き声も「ギーチョン、ギーチョン」「スイーチョ、スイーチョ」と、なんだかかわいらしくて憎めない虫です。

(4)たくさんある【螽斯】の漢字

実は、螽斯には他にも色々な書き方の漢字があるんです。
多く使用されているのが、蟋蟀。
その他にも、螽蟖、蛩、蛬があります。
どれも覚えにくい難しい漢字ばかりですね!
蟋蟀は、ころおぎとも読むことができるので「キリギリス」と読ませたいときは、「螽斯」と書くのが一般的だそうです。
昔は身近にある生物には、むしへんを付けて名称していたそうで、虫以外にも貝や爬虫類もむしへんがあるので少しややこしいですね。


いかがでしたか?
今回は、いつもより覚えるのが難しい漢字でしたね!
難関漢字も、興味深く由来を調べてみると意外な豆知識も知れて楽しく学べますよ♪
(liBae編集部)

ジャンルで探す