【糸瓜】これ読める?ヒントは緑のでっかい野菜!

見た目と名前は一致するけれど、漢字で書こうと思うと案外書けないのが野菜の名前。
今回は、「糸瓜」と書く野菜についてご紹介します!
さて、「糸瓜」という字、何と読むかわかりますか?

「糸瓜」の読み方とは?

小学生の頃、みなさん一度は育てたことのある野菜が「糸瓜」です。
実った後は枯らせて、たわしにすることもあります。
わかりましたか?
正解は、「ヘチマ」です。

「糸瓜(ヘチマ)」ってどんな野菜?

ヘチマはウリ科の一年草。
プランターなどでも簡単に育てることができ、つるの部分が数メートルほどまで伸びるので、グリーンカーテンとしても使われます。
あまり食べるイメージはありませんが、他の野菜同様食べることができ、その食感などは「ナス」に似ているとか。
沖縄では「ナーベラー」として親しまれ、味噌炒めなどで食べられます。
また、茎の部分からは化粧水。
身の部分からは「たわし」を作ることができ万能です。

「糸瓜(ヘチマ)」の由来

ヘチマは、枯れた果実をたわしにできるほど繊維がしっかりしています。
そのため昔は「糸瓜(イトウリ)」と呼ばれていました。
諸説ありますが、「イトウリ」が縮まって「トウリ」になり、「ト」は「いろは歌」で”へ”と”ち”の間にあることから「へち間」=「ヘチマ」となったそうです。


いかがでしたか?
今回は、「糸瓜(ヘチマ)」という漢字についてご紹介しました。
これからの季節、よく見かけるようになる「ヘチマ」。
話題に上がった際は、ぜひ豆知識を披露してみましょう。
(liBae編集部)

ジャンルで探す