そのテク、やっちゃダメ!目が小さく見えちゃうやりがちアイメイク方法

目を大きくしたくてアイメイクをしているのに、逆効果になるのは悲しいですよね。
目は顔の中でも印象が変わる重要ポイントなので、逆効果になっては意味がありません。
そこで今回は「目が小さく見えちゃうアイメイク4つの方法」をまとめました。
間違ったやり方をしないように、さっそくチェックしていきましょう!

(1)アイラインを太く描いてしまう

目を大きく見せたくて、アイラインを太く描いてしまう人もいますが、それは大間違いです。
アイラインが濃いと目の周りが強調されすぎて、肝心の目が小さく見えてしまいます。
また、太いアイラインはメイク慣れしていない印象を与えてしまいます。
一言でいえば「ダサい」と思われてしまうメイクです。
アイラインは正しく控えめにひいて、目が小さく見えないように気を付けましょう。

(2)囲みアイライン

もう一つありがちなのが、頑張りすぎて目の周りを囲むようにアイラインを引くことです。
囲みアイラインをしてしまうと、強調されすぎで目が小さく見えてしまいます。
アイラインを引くときにはポイント絞って、控えめに引いてください。

(3)自分の目に合わせたアイラインが引けていない

メイクは自分の顔に合わせないと効果を発揮しませんが、アイラインも同じです。
一重の人は「まつ毛キワにそって、目頭~目尻にかけて細く引く」「少しずつ描き足していく」、この2点を守りましょう。
逆に二重の人はもともと目の印象がはっきりしているので引きすぎに注意です。
細いアイラインを一回だけ引くようにしてください。
奥二重の人は目尻・目頭の二重具合に合わせて、濃さを調整するように書きましょう。
自分の目にあったアイラインじゃないと目が小さく見えるので注意してください。

(4)アイシャドウのグラデーションが雑

アイシャドウのグラデーションが雑になってしまうのも目が小さくなる原因になります。
複数のカラーを使う時、薄い色からだとグラデーションがうまくいきません。
濃い色でまつ毛のキワをはっきりさせてから、薄い色を重ねましましょう。
「二重幅が濃すぎる」「単色のみのベタ塗」といった雑なグラデーションも逆効果です。
アイシャドウの効果を発揮させるためにも、丁寧な出来栄えにするようにしてください。


以上4点のようなアイメイクをしてしまうと、目を大きく見せるどころではありません。
逆に目が小さく見えてしまい逆効果になってしまいます。
目の大きさは顔の印象を大きく左右するので、逆効果になるのは絶対に避けたいです。
上記の4点を参考にしつつ、目が大きくなるアイメイクを練習してくださいね。
(liBae編集部)

ジャンルで探す