これもダメなの!?意外とやりがちな結婚式のNGコーデ4選

結婚式はマナーが多いイベント。
「え、これもダメなの?」と直前にトラブルのは避けたいですよね。
そこで今回は、結婚式でやりがちなNGコーデを4つご紹介します。
当日焦らなくてもいいように、予習してみましょう!

(1)白いドレスワンピースや白のボレロ

必ず避けたいのが白いドレスや白のボレロです。
結婚式の主役は新郎新婦。
当日に白いドレスを着ていいのは、新婦だけと言われています。
白いドレスを着ていけば、不謹慎、常識がないといったイメージで捉えられるはず。
そのため、絶対白のアイテムは着ないようにしましょう。

(2)ミニスカなど露出の多いドレス

だらしないイメージをもたれるため、露出の多いドレスも控えた方が良いです。
露出が多く派手だと、新郎新婦よりも注目を集めてしまうことも。
「誰のためのイベントか」をふまえてファッションを選ぶようにしましょう。

(3)花柄などのプリントワンピース

フォーマルな印象のものであれば良いですが、カジュアルな花柄ワンピースは結婚式には着ていかない方がベター。
結婚式ではレース刺繍やフレアタイプなど、エレガントさのあるドレスがおすすめです。
二次会であれば、カジュアルなワンピースでもOK。

(4)全身黒ずくし

スタイリッシュな印象になるブラックコーデ。
結婚式でもNGではありません。
しかし、黒ずくしのコーデだと葬式を連想させてしまうことも。
そうならないためにも、アクセサリーやバッグで他の色を取り入れてアクセントをつけてみましょう。
おしゃれ度もアップするはずです。


今回は、結婚式でやりがちなNGコーデを4つご紹介しました。
大切な人の門出を祝う日だからこそ、しっかりマナーを守って出席したいですね。
当日焦らなくても良いように、2週間前にもう一度、コーデをチェックしてみることをおすすめします。
(liBae編集部)

ジャンルで探す