意味は「神に供える飲食物」です!【神饌】この漢字読める?

「神饌」という難読漢字を読める人はいますか?
あなたが読めるように、ヒントを出していきますね。

「神に供える飲食物」という意味になるそうですが、どんな飲食物を供えるのでしょうか。

(1)どう読むの?ヒントは4文字

「神饌」という漢字、とても難しいですがどう読むのでしょうか。
「神饌」は4文字、「神」を「しん」と読むからヒントは「しん〇〇」。

「饌」という漢字も、一度読めたらわかりやすいかもしれません。
なので、きっとすぐに「神饌」の読み方を覚えられますよ。
(『広辞苑』より)

(2)同じ読み方をする漢字

同じ読み方をする漢字が数多く存在するのでチェックしましょう。
「神苑の泉・霊妙な泉」という意味で「神泉」という漢字があります。

また、「神に祈って吉凶を予知し疑問を決すること」という意味で「神占」。
さらに、「あらたにえらびつくること」という意味で「新撰」という漢字があります。

さらにさらに、「肉類などのなまで新しいこと」という意味で「新鮮」という漢字も。
(『広辞苑』より)

(3)読み方は「しんせん」が正解

4文字「しん〇〇」と、同じ読み方をする漢字「新鮮」が大きなヒントになったのでは?

「しんせん」と聞いたら、真っ先に「新鮮」が浮かぶほどになじみのある漢字ですよね。
そう!「神饌」という漢字の読み方は「しんせん」が正解です。
(『広辞苑』より)

(4)神に供える飲食物ってどんなの?

「神饌」の意味は「神に供える飲食物」なのだそうです。
でも神に供えるのはどんな飲食物なのでしょうか。

具体的には、「稲・米・酒・鳥獣・魚介・果実・蔬菜・塩・水など」を供えるのだとか。
多くは拝殿の近くに「神饌所」といって神祗に供献する食饌を調理する場所が設けられているそうです。
(『広辞苑』より)


これで「神饌」という漢字について読み方も意味もバッチリですね。
神社でお供え物を見る機会があったら、この「神饌」という漢字を思い出してください。

神に供える飲食物を「神饌」というんだよ……って少し物知り自慢しちゃったりして♡

(恋愛jp編集部)

ジャンルで探す