韓国版「赤ちゃんポスト」の物語 すっぴんで熱演する42歳ペ・ドゥナ出演を決めた理由

(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

 今年10月で43歳を迎える韓国俳優ペ・ドゥナさん。19歳でモデルとしてデビューしましたが、舞台俳優の母から影響を受けて俳優の道に入りました。これまで韓国映画以外にも日本映画と米国映画に出演。そのうち1本は是枝裕和監督の『空気人形』です。今回の『ベイビー・ブローカー』は是枝監督と2度目のタッグとなり、何とノーメイクで出演しています。ガサツで優しさを感じられない女性刑事という役どころは、これからの役者人生で大きな意味を持つかもしれません。映画ジャーナリストの関口裕子さんに解説していただきました。

 ◇ ◇ ◇

赤ちゃんの“買い手”を探す母とブローカー 韓国版赤ちゃんポストをめぐる物語

 日本では、子どもができたとしても経済的な不安から結婚できない(しない)ケースがしばしばあると報じられる。それでも産む決心をした、またはやむなく出産に至った女性は、シングルマザーになるしかない。その場合、出産後の責任は女性側が負う形になることが多く、そこにはさまざまな悲劇も生まれている。

 是枝裕和監督が韓国で製作し、第75回カンヌ国際映画祭で高い評価を得た最新作『ベイビー・ブローカー』は、そんな子どもたちを救済しようと教会が設置した「ベイビーボックス(赤ちゃんポスト)」をめぐる物語だ。

(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

 登場人物はシングルマザーのソヨン(歌手のIU)と彼女がベイビーボックスに託した産まれたばかりの子ども、その子を高値で売ろうとするブローカーのサンヒョン(ソン・ガンホ)と相棒で児童養護施設育ちのドンス(カン・ドンウォン)。そして彼らを現行犯逮捕しようと、スジン刑事(ペ・ドゥナ)とイ刑事(イ・ジュヨン)が見張る。

 シングルマザーとブローカーは、養父母(子どもの買い手)を探して韓国を縦断する旅の中で心を寄せ合い、ある種の家族のような関係を描いていく。一方、彼らが早く行動を起こすことを願いながら付いて行くスジン刑事らの目的は手柄をあげること。多分に胡散臭い。

ペ・ドゥナの醸す雰囲気に託された刑事のキャラクター

 スジン刑事、イ刑事ともに女性。彼女たちはブローカーたち一行が安ホテルに宿泊している時も車の中で見張りを続ける。当然、着替えはなくなり、風呂に入ることもできず、不衛生極まりなくなった挙げ句、夫に張り込み場所まで着替えと食べ物を持って来させる。これまでの刑事ものでは、何日も家を空ける夫に着替えを届けるのは妻だ。ここでは一般的な男女の役割が逆転している。

 スジン刑事は、子どもをベイビーボックスに託したソヨンに厳しい。「捨てるなら産むな」と言う。これを女性であるスジン刑事が言うことで、ここまで女性的な感情を放棄しているのにはたぶん事情があるのだろうと観る者に思わせる。でも細かいことは一切描かれない。それらの物語はすべてペ・ドゥナの醸す雰囲気に託される。

 ちなみに是枝監督いわく「捨てるなら産むな」はベイビーボックスに寄せられる最も一般的な意見なのだそう。マジョリティ代表として描かれるスジン刑事の変化が見どころというわけだ。

42歳のペ・ドゥナがすっぴんで演じたガサツな刑事役

 ガサツで優しさを感じられないスジン刑事だが、魅力的だ。単純に女性だからというわけではない。それは何に対してもぶっきらぼうながら、決して高飛車ではなく、常に同じ目線で相手と接しているからだろう。

 スジン刑事役をペ・ドゥナが演じていることも大きい。現在42歳のペ・ドゥナは、この役をすっぴんで演じている。

 20歳の時、すっぴんで演じたポン・ジュノ監督の長編デビュー作『ほえる犬は噛まない』(2000)の主人公役では、半ば美を競い合うようであった韓国の女性俳優たちを震撼させた。あれから22年。役に憑依するような彼女の演じ方は変わらないが、特にスジン刑事のように正体の分かりづらい人物の内面を表すのは、よりうまくなっているように感じた。

 ペ・ドゥナの母親は舞台俳優のキム・ファヨン。2008年には母親の主演舞台「彼女が帰ってきた」のプロデューサーを務め、成功させた。1998年にモデルとして芸能活動デビューしたのは、ソウルの狎鴎亭(アックジョン)でスカウトされたのがきっかけだが、俳優へと目標を変えたのは彼女自身。「母親のおかげで幼い頃から演劇に接してきたから」だという。

 デビュー当時はヒット作に恵まれなかったが、インディーズ映画で確実に成果を上げ、大学内で演劇映画学科に転科するほど打ち込んだ(最終的には大学を受け直し、建国大学校芸術デザイン大学映画芸術学科を卒業)。その結果で得た演技的アプローチは、分析的に役を追求していくのではなく、白紙の状態で撮影に臨み、現場で得たインスピレーションによって演技を深めるというやり方だった。

ソン・ガンホとの共演が女性俳優で最多 そこで得たものとは

 スジン刑事は、子どもの母であるソヨンや、ブローカーのサンヒョン、ドンスらを追い、彼らの日常を目の当たりにすることで少しずつ考え方を変えていく。同じように、ペ・ドゥナ自身も構築するスジン像を、ソン・ガンホやカン・ドンウォン、IUとのやり取りの中で作り上げていったのではないか。

(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

 ソン・ガンホとの共演は、『復讐者に憐れみを』(2002)、『グエムル-漢江の怪物-』(2006)など4作品目。女性俳優としては彼と一番共演が多いのだそう。21歳で会って以来、ソン・ガンホが魂を捧げるように一本一本作品に取り組む姿を見てきたことが、自分の財産になっていると語る。

 もう一人のブローカー役、カン・ドンウォンとは、『威風堂々な彼女』(2003)以来19年ぶり。少年のようだったカン・ドンウォンが子どもたちを引っ張るムードメーカー的なおじさんになっていたことに時の早さを感じたそう。

出演理由は「監督からもらった幸せをお返ししたかった」

 ペ・ドゥナが演じる人物は、他人があえて見ないようにしているところを見据え、簡単に行動しにくいことをやり遂げる多様さを持つことが多い。現在、Netflixで配信中のSFシリーズ『静かなる海』のジアン博士役もそうだ。この作品は、同ジャンルのシリーズの中で世界第3位の視聴者数を記録したという。

 ただしペ・ドゥナは、どんなに製作費が大きく、スター俳優が揃った作品でも、「シナリオを読んで、役に没頭できないもの、自分を投影できないものは引き受けない」という。

 今では「自分に対して優しくしよう。自分が幸せな道を探そう」と思っているそうだが、若き日には「演技活動の原動力は多様な経験」、「難しいと思ったことでもぶつかって経験したことが私の武器」とも語っている。そうやって積み重ねてきたものが、スタッフや共演者の彼女への信頼のベースを作り、スジン刑事を作り上げる要素となった。

是枝監督と初めてタッグを組んだ『空気人形』で2009年のカンヌ国際映画祭へ。左からARATA(現在は井浦新)、是枝監督、ペ・ドゥナ、板尾創路【写真:Getty Images】

是枝監督と初めてタッグを組んだ『空気人形』で2009年のカンヌ国際映画祭へ。左からARATA(現在は井浦新)、是枝監督、ペ・ドゥナ、板尾創路【写真:Getty Images】

 今回は、かつて『空気人形』(2009)で組んだ是枝監督との再タッグ。その理由は、もちろんシナリオの面白さに他ならない。約6年前に受けたオファーに対し、日本語のシナリオまで取り寄せ、スジン刑事の語ろうとする言葉のニュアンスを見つめ続けたくらい、前向きに取り組んだという。

 その上でもう一つ理由を挙げている。「『空気人形』の時に、監督からもらった幸せをお返ししたかった」のだと。「人と社会を眺める視線、スタッフを尊重する姿を尊敬した」のだとペ・ドゥナは言う。

 彼女が尊敬したポイントこそ、是枝監督が映画を通して描きたかったことなのだと思う。そのため『ベイビー・ブローカー』の神髄を体現するキーマンは、たぶんペ・ドゥナなのだろう。

『ベイビー・ブローカー』6月24日(金)TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー配給:ギャガ(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

関口 裕子
映画ジャーナリスト。「キネマ旬報」取締役編集長、米エンターテインメントビジネス紙「VARIETY」の日本版「バラエティ・ジャパン」編集長などを歴任。現在はフリーランス。

ジャンルで探す