手の上で「ミルク欲しいニャ」と懇願 両目を潤ませた元保護ねこの動画にキュン死続出

よたよたする足を踏ん張って、お腹が空いたことを知らせる子ねこ(画像はスクリーンショット)

よたよたする足を踏ん張って、お腹が空いたことを知らせる子ねこ(画像はスクリーンショット)

「遊ぼうニャ」「お腹空いたニャー」など、鳴き声のトーンで気持ちを教えてくれるねこ。かわいいですよね。今ツイッターで注目されている動画は、飼い主さんの手のひらの上で「ミルク欲しいニャ」と言っているように鳴く子ねこです。両目を潤ませた体長20センチほどの赤ちゃんが、「ニャー」と懇願する投稿について、飼い主さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

潤んだ瞳に釘付け 「お腹空いたニャー」

 飼い主さんがカーペットの上で広げた左手によじ登っているのは、保護したばかりの子ねこ。生後3週間ほどの男の子で、まだ名前はありません。

 歩けるようになって間がなく、まだおぼつかない足取り。前足と後ろ足を踏ん張って、バランスを取ろうと手のひらでぐらぐらしています。

 子ねこは飼い主さんと目が合うと「ミルクの時間ニャ」とでも言うように両目をウルウルとさせて、か細く「ニャー」とひと声。天使のような姿に撃ち抜かれた飼い主さんは、「赤ちゃんねこのミルクくれアピール」と説明を添えて撮影した動画を投稿しました。

 リプライ(返信)欄には「声を聞いただけで溶けそうになる」「ドキドキが止まらないです」「ミルクくださいの鳴き声が殺傷能力強すぎ」など、飼い主さんと同じように悶絶する人が続出。「こんな風にアピールされたらもうメロメロ」と愛猫家を虜にしてしまいました。

体温でうとうと。眠る時は、飼い主さんの洋服に潜り込み体にひっついてくるという(画像はスクリーンショット)

体温でうとうと。眠る時は、飼い主さんの洋服に潜り込み体にひっついてくるという(画像はスクリーンショット)

ベランダで産み落とされた子ねこ 兄弟とすくすく成長中

 現在4匹の元保護ねこと暮らしている飼い主さんは、ボランティアで保護ねこを支援する活動もしており、その縁でめぐり合いました。

 今回保護した子ねこは9月中頃に、民家の2階にあるベランダで野良ねこのお母さんから産み落とされたところを発見されました。

「この子とは別のきょうだいの子がカラスか、他の野生動物に攻撃されてベランダから落下してしまい、周囲がその存在に気付きました。落下した子とベランダで産まれたねこ、全部で3匹が当シェルターにやってきました」と出会いを振り返っています。

 動画は、歩けるようになり、部屋の中で遊ばせていた時の一コマ。撮影時は体重が260グラム、体長が20センチほどでしたが、周囲に興味津々だったそう。「まだ産まれて、歩いて数日ですが、たぶんやんちゃな性格です」と教えてくれました。

 飼い主さんのおうちで保護され、巣立ったねこはこれまで30匹以上。「無事にこのまま育って、幸せな里親さんの元に行けたらうれしいです」と話しています。

 元気いっぱいに生活している保護ねこたちの日常は「うにむぎはちチャンネル UniMugiHachi Channel」や、インスタグラム(uni_mugi_hachi_muu)でも見ることができますよ!

 取材協力:仲良し保護猫 うに むぎ はち むー(@uni_mugi_hachi)さん

ジャンルで探す