1年半をかけてお腹を見せるように…元保護ねこの甘える姿に感動の声「ちょっと泣きそう」

飼い主さんにお腹を見せてくれた毛糸くん。お迎え当初は大変だったそう【写真提供:ねこてく(@nekotekuch)さん】

飼い主さんにお腹を見せてくれた毛糸くん。お迎え当初は大変だったそう【写真提供:ねこてく(@nekotekuch)さん】

 目の前をスタスタと歩いていたかと思えば、急にコロンと寝転び、お腹を見せる元保護ねこが話題になっています。ねこの名は「毛糸」くんです。実はこうして甘えるまで1年半の月日を要したとのこと。警戒心が強いねこちゃんが、こんな姿を見せてくれたとなれば思わず笑みがこぼれてしまいそうですよね。飼い主のねこてく(@nekotekuch)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

譲渡会でお墨付き 「性格抜群」の毛糸くん

 黒白のハチワレねこ・毛糸くんは、3歳の男の子。性格はとても“おっとりさん”です。どれほど穏やかかというと、飼い主さんと出逢った譲渡会の最中、隣のねこから何度も頭を叩かれても気にしないほど。それだけに、「性格抜群」と紹介されていたのだとか。

 飼い主さんは当初、譲渡会で毛糸くんの隣にいた「ちょび」ちゃんという子を引き取ろうと考えていました。しかし、ちょびちゃんの一時預かりをしていたボランティアの方が、お世話をするうちに情が移り、そのままお迎えすることに。そこで、抜群の性格と紹介されていた毛糸くんならば、先住ねこ2匹とうまくマッチすると考え引き取ることに決めました。

 かわいいお名前は、譲渡会前まで毛糸くんを預かってくれていたボランティアの方が付けてくれた名前がベースになっています。元々はひらがなで「けいと」くんだったそうですが、読み方はそのままに「毛糸」と漢字に変えました。これは呼び名が変わることがかわいそうだと感じたことや、それまで大切に育ててくれた預かりボランティアの方へ感謝の思いを込めての決断でした。

距離感やおやつを工夫 徐々に信頼を築き上げていった飼い主さん

 また、“おっとりさん”な一方で、お迎え当初は人慣れしていなかったという毛糸くん。「臆病で、(家に)来た時はケージが振動するほど震え上がっていました」と飼い主さんは振り返ります。ちなみに、最近でも来客があった際に震え上がってしまったのだとか。

お迎えして1年半、コロンと甘えてきた毛糸くん。ツイッターには感動の声が(画像はスクリーンショット)

お迎えして1年半、コロンと甘えてきた毛糸くん。ツイッターには感動の声が(画像はスクリーンショット)

 そんな毛糸くんと信頼関係を築き、新しい環境に慣れさせるために、お迎えして最初の1か月は飼い主さんからあまりかまわないようにしていたのだそう。そして、おやつをあげる時に頭をなでなでするなどしてお互いの距離を縮めていきました。

 そうして、お迎えしてから1年半。動画のようにコロンとお腹を見せてくれるようになりました。この動画がツイッターで公開されると話題に。リプライ欄には、「やったぁ! おめでとうございます」「コロンってした瞬間、ちょっと泣きそうになった」「最高にうれしい」「ねこを保護するというのは、そこまで根気強く揺るがない愛情が必要なんですね」など、喜びや感動のコメントが寄せられました。

左から律ちゃん、毛糸くん、弦くん。3匹のかわいい姿はYouTubeでも配信中【写真提供:ねこてく(@nekotekuch)さん】

左から律ちゃん、毛糸くん、弦くん。3匹のかわいい姿はYouTubeでも配信中【写真提供:ねこてく(@nekotekuch)さん】

人馴れしない保護ねこのかわいさを伝えていきたい

 毛糸くんと一緒に暮らす、個性豊かな2匹の先住ねこについても紹介しましょう。黒ねこの男の子「弦」くんとキジ白ねこの女の子「律」ちゃんです。

 2匹は実のきょうだいで、年齢はともに4歳8か月です。毛糸くんと同じく、2匹の名付け親は預かりボランティアの方。2匹とも音楽にちなみ、弦くんの名前は「ギターの“弦”」、律ちゃんは「旋律」が由来になっています。

 カメラに愛らしい目線を向ける2匹。しかし、飼い主さんがお迎えして3年以上が経ちますが、実は2匹とも人間が大の苦手です。

「弦は触らせてくれませんが、自己主張は一番強いです! 大きな声で鳴いて、常にごはんをねだってきます。律は飼い主が近付くと今も威嚇します。過去に律を触ろうとしたところ本気で噛み付かれ、怪我をしたことも。指を3針縫わせるほどの力持ちです(笑)」

 弦くんは遊んだり、ごはんを直接手からもらったりと、飼い主さんとのコミュニケーションがある程度取れるそう。ところが律ちゃんは、近付きすぎると本気のねこパンチが炸裂。当たるだけで手が腫れてしまうほど、強烈な一発をお見舞いすることもしばしば。

 それでも飼い主さんは、「弦が楽しそうに生きているとうれしいです!」「律に一生触れなくてもいいから、いつかおいしいおやつを気兼ねなく食べられるようになってほしいです」と語り、無理強いをすることは決してありません。その温かなコメントからも2匹を心から大切にしていることが伝わってきます。

 幸せを感じられる一方、難しさもある保護ねこの飼育。飼い主さんは人馴れしない保護ねこの魅力を伝えたいと、YouTubeチャンネル「ねこてく」で3匹の日常を毎日配信しています。ツイッターと併せ、こちらでも3匹が日々見せる愛らしい姿が楽しみですね。

ジャンルで探す