新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

天国の愛猫に花を降らせたい…飼い主の思いを描く漫画に「涙が止まりません」

漫画のワンシーン【画像提供:治島カロ(@kijincalo)さん】

漫画のワンシーン【画像提供:治島カロ(@kijincalo)さん】

 家族の一員であるペットとの別れほどつらいことはありません。生前のことを思い出しては涙する日々が続いたり、悲しむのがいやで振り返ることもできなくなってしまったり。そんな飼い主のことを、天国に行ったペットたちはどう思っているのでしょうか。もし、飼い主が思い出を振り返ることで、お別れしたペットたちに何か“サイン”を送れるとしたら……? 「残された者が思い出す時、天国の故人の上に花が降る」というエピソードをもとに、天国にいるねこを描いた感動的な漫画が話題となっています。作者の漫画家・治島カロ(@kijincalo)さんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

天国で本を読むねこの頭上に降る花 出会った2匹に訪れるラストが感動的

 雲の上の穏やかな世界で本を読む白黒ねこ。その頭の上にチューリップが落ちてきます。「またふってきたぞまったく ゆっくりどくしょもできやしない」とつぶやきますが、木陰から出てきた茶色ねこは「いいなぁ」とうらやましそう。そして、まだその“意味”を知らない白黒ねこにこう説明するのです。

「ちじょうにいるだれかがきみをおもいだしてくれたとき、きみのうえにおはながふるんだよ ここは、ねこのてんごくだから」

 毎日花が降ってくるということは、地上の飼い主さんが毎日、思い出してくれているということ。ですが、長いこと天国にいるという茶色ねこは、かわいがってくれていた飼い主さんも天国に行ってしまったため、もう誰かが思い出してくれることもないのだそう。

 すると、ここで白黒ねこはあることに気が付きます。そして、ラストには2匹の思いがけない深い縁が明かされ、多くの人が感動しました。

 天国で幸せに暮らすねこたちの姿に、かつて見送った愛猫の姿を重ねる人も多く、漫画は1万件以上の“いいね”を集めています。また、リプライ欄には「このお話を読んでたくさんの楽しい思い出を家族と話したいと思いました」「なんだか、救われる良い話です」「とても心が和みました」「じわじわ涙止まりません」「泣いてしまいました」など多くのコメントが集まりました。漫画を読み、天国にいる愛猫にたくさんの花を降らせたい、と思った人も多かったようです。

白黒ねこのモデルは飼い主さんの愛猫 「ジャッキーの上に花を降らせようと思って描きました」

 実は、作者の漫画家・治島カロさんも昨年8月末に、愛猫のジャッキーちゃんを亡くしたのだそう。作中の白黒ねこのモデルは、そのジャッキーちゃんなのだそうです。どのような思いでこの漫画を描いたのか、お話を伺いました。

Q.今回のテーマを描こうと思ったきっかけや理由を教えてください。
「出典は分からないのですが『残された者が思い出す時、天国の故人の上に花が降る』というようなエピソードをツイッターで目にしたので、去年8月末に天国へ行ってしまった愛猫ジャッキーの上に花を降らせようと思って描きました」

Q.ミーコくんも実際に存在したねこちゃんですか?
「そうです。ミーコは私の祖父母がかわいがっていたねこですが、私が生まれた頃に他界したそうです。私は覚えていないのですが、幼い私に祖父母がたくさんミーコの話を聞かせてくれ、1枚しかない写真も見せてくれました。私が生まれたせいでミーコにつらい思いをさせたのではないかとずっと気に病んでいるので、天国でジャッキーと出逢っていたらいいなと思いました」

Q.大きな反響となりましたが、今のお気持ちを教えてください。
「たくさんの方に読んでいただいた事に感謝いたします。引用リツイートやリプライでご自分の大切な人やどうぶつの思い出を聞かせてくださるので、もらい泣きしてしまいます。皆さんの大切な人やどうぶつたちにもたくさんお花が降っていると思います」

 今でもジャッキーちゃんを深く愛している治島さんですが、実は愛猫がもう1匹。瀕死状態だったところをジャッキーちゃんと一緒に保護した、きょうだいねこのサラちゃんです。サラちゃんは現在も元気に暮らしており、治島さんの心を癒してくれています。

 ジャッキーちゃんとサラちゃん、2匹を保護しお世話に奮闘する様子が描かれたエッセイ漫画「こねこがうちにいます」からも、治島さんがいかに2匹を大切に思っているかが伝わってきます。そして飼い主だけでなく、多くの読者からも愛される天国のジャッキーちゃんの上には、いつもたくさんのお花が降っているのではないでしょうか。

 治島カロさんは関西の食、人、くらしを描いた漫画も好評。こちらは作品集「よろしゅうおあがりー関西ごはん噺ー」で読むことができます。

ジャンルで探す