猫に最適なエアコンの温度設定とは 脱水症状にも注意! 暑い夏を快適に過ごす適温と注意点

暑い夏も元気に過ごしてほしい。猫に最適なエアコンの設定温度や注意点は(写真はイメージ)【写真:写真AC】

暑い夏も元気に過ごしてほしい。猫に最適なエアコンの設定温度や注意点は(写真はイメージ)【写真:写真AC】

猫の快適な温度は20~28度 湿度は40~60%

 じめじめした梅雨が明ければ、いよいよ本格的な夏が到来。エアコンが欠かせない日々がやってきます。でも、猫ちゃんは快適に過ごせているのでしょうか。「人間と猫でちょうど良く感じる温度って一緒?」「見た目モフモフで暑そうだけど実際どうなの?」などなど疑問もありますよね。そこで今回は、猫に最適なエアコン設定温度や注意点を紹介します。大切なペットのために、エアコンを上手く使って心地よく過ごせるようにしてあげてくださいね!

 ◇ ◇ ◇

 そもそも、猫にとって快適な温度と湿度とはどれくらいなのでしょうか。一般的に心地良く感じる温度と湿度は、次のように言われています。

温度:20~28度(夏/26~28度、冬/20~23度)
湿度:40~60%

 猫の平熱は人間より1~2度高めの37.5~38.9度。長毛種や短毛種など種類によって快適な温度は変わってきますが、人間の適温よりやや高めです。

 ふわふわモフモフな見た目からつい「暑そう!」と思うかもしれませんが、猫の祖先は砂漠地帯で暮らしていたとも言われており、私たちが思っているより暑さに強い動物と言えます(湿度には弱い)。

 ただし、猫が快適に感じる温度は個体差もあるため、様子を見ながら室温調節することが大切です。短毛種や老猫、筋肉量の少ない子猫、痩せ気味の猫、普段あまり活発でない猫などは寒さを感じやすいため、暖房の時期は室温を2~3度上げるなど調節した方が良いでしょう。

 また、生後間もない子猫の場合は自力での体温調節ができないため、母猫の体温と同程度の温かさになるようペットヒーターや湯たんぽ、カイロなどを使って暖かい環境を整えてあげましょう。

 ただし、体温以上の高温に長時間触れ続けていると、低温やけどを起こす危険性もあるので注意してください。

猫の汗腺は肉球と鼻だけ! 高温多湿の環境では熱中症の危険も

 猫は基本的に自ら体温調節できる動物です。夏場は冷たいフローリングの床の上でゴロゴロ、冬になるとストーブの前でヌクヌクしている猫ちゃんもいるのではないでしょうか。とはいえ、部屋の冷やしすぎ、暖めすぎは禁物です。

 高温多湿の環境では、身体からうまく熱を逃がすことができず、熱中症にかかる危険性があります。猫はグルーミングの際、気化熱を利用して体温を下げていますが、湿度が高すぎると水分が蒸発しにくく、体温の上昇を抑えられなくなります。

 また、猫の汗腺は肉球と鼻にしかないため、人間のように身体中から汗をかいて体温を下げることもできません。犬のように舌を出して熱を逃がすこともできません。

 さらに暑さには強い反面、寒さには弱いため、身体を冷やしすぎると自律神経が乱れてクーラー病にかかってしまう恐れがあります。悪化すると喘息や肺炎など呼吸器系の病気にもつながるため、暑すぎず寒すぎない環境を整えることがとても大切です。

 冷房をつけ始める室温の目安は26~28度。人間が暑いと感じる日にはエアコンをつけることをおすすめします。

 室内に温度計がない場合には、猫の様子を目安に。室内の涼しい場所でじっとしていたり、お腹を出して伸びたりするなどの様子が見られたら暑がっているサインです。体調を崩して熱中症などになる前に、早めにエアコンをつけて室内の温度を下げましょう。

夏場は脱水症状になりがち こまめな水分補給を

 人間の「ヒートショック」と同じく、猫の場合も急激な温度変化は心臓に大きな負担を与えます。特に遺伝的に心臓疾患が多いと言われる猫種や、老猫、子猫と一緒に暮らす場合は、家の中の温度差が大きくならないよう注意してください。また、時間帯によって大きな温度差ができないよう、タイマー設定などを使うのもおすすめです。

 猫は涼しい場所を見つけると、なかなかそこから離れようとしません。すると知らず知らずのうちに水分不足に陥ることも……。水分不足になると熱中症を引き起こすだけでなく、腎臓にも大きな負担をかけてしまいます。

 夏場は特に脱水症状になりがちなので、こまめに水分補給できるよう、普段よりも水飲み場を増やしてあげると良いでしょう。

 飲み水の衛生面が気になる場合には、自動給水器を使うのもおすすめ。飲みやすく、お手入れのしやすいものを選ぶと良いでしょう。猫の祖先は乾燥地帯で生活していたことから、温度よりも高湿度に弱いので、梅雨時には除湿にする気遣いも大切です。

ジャンルで探す