「iPhone13」カメラ強化押しに「映画撮りたいわけではない」微妙反応

写真はイメージです

 9月15日、Appleが新製品の発表会を行い、新たな「iPhone13」シリーズを発表した。前モデルの「12」を強化した「12s」ではなく、新しいナンバリング「13」が与えられた進化系モデルだが、主な変更点がカメラ機能の向上だったことに、ネット上では“微妙”との評価が相次いでいる。

「新シリーズのラインナップは『iPhone13』『iPhone13 mini』『iPhone13 Pro』『iPhone13 Pro Max』の4種類となっていますが、『12』シリーズとサイズやデザインはほぼ同じで、パッと見では見分けることが出来ないくらいです。汎用性のあるUSB Type-Cの採用が噂されましたが、今回も外部接続端子はLightningのまま。期待されていた指紋認証センサーのTouch IDも採用されませんでした。『13』シリーズで大きく向上したと言えるのは『フォトグラフスタイル』と『シネマティックモード』が加わったカメラ機能くらいのもので、非常に保守的な変更に留まった印象です」(ガジェット系ライター)

 iPhoneの新シリーズに対してネット上でも、《CMでもやたら映画レベルの動画が撮れることを強調してるけど、iPhoneで映画が撮りたい人なんてほぼいないんだよ。そこまでのカメラ進化は誰も求めてないのでは》《コロナ禍で多くの人がマスクをしていてFace IDでのロック解除が出来ずに煩わしく思っているのに、頑なにTouch IDを搭載しないのはなぜ?》などといった指摘が多い。

「『13』シリーズと同時に発表された新型『iPad mini』はLightningに代わって新たにUSB Type-Cポートを採用し、Touch IDも搭載しているため、余計になぜそれをiPhoneでやらないのかと思ってしまいますよね。Appleの本社があるアメリカではマスク着用率がそれほど高くありませんからTouch ID搭載の要望がそれほどないのかもしれませんが、iPhoneのシェア率が圧倒的に高い日本では事情が異なる。もう少し海外の要望を受け入れてくれてもいいと思うのですが…」(前出・ガジェット系ライター)

 一般のスマホユーザーの感覚を重視して欲しいものだ。

(小林洋三)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

ジャンルで探す