新型コロナ 最新の感染状況や対応は

内線電話から聞こえてくる声

内線電話から聞こえてくる声

めくるたび、どんどん怖くなる。
『一行怪談』で知られる吉田悠軌さんの書き下ろし怪談集『日めくり怪談』から選りすぐりのお話をご紹介します。
1日5分の恐怖体験をお楽しみください。

内線電話から聞こえてくる声

 私の実家は、佐賀県で会社を経営していました。同じ敷地内に事務所と自宅があり、二つは内線電話で繋がっていたのです。
 小学生の私はたいへんな甘えん坊で、たびたび事務所に内線をかけ、母親を呼び出していました。プルルプルルと呼び出し音を鳴らせば、すぐに母が電話をとってくれます。
「お母さん! お母さん! タケシやけど!」と私が言い、
「なんね? タケシ! どがんかしたとね?」と母が応える。
 これが毎回の、私と母とのやりとりでした。
 
 あれは確か、小学校五年生の夏休みだったと思います。
 昼間、例のごとく大した用事もないのに、仕事中の母に内線をかけました。
 プルルプルル、カチャッ、と母が電話を取ったと感じた瞬間。
「お母さん! お母さん! タケシやけど!」
 ところが、いつもはすぐ返ってくる母の答えがありません。
「あれ? お母さん! お母さん! タケシやけど!」
 明らかに電話は繋がっていました。どうしたんだろう、と不思議がっていると。
 
 ……ぁぁん……さぁーん……
 
 受話器の向こうから、声が微かに響いてきました。小さいというよりも、誰かが遠くから発しているようでした、最初は、受話器に耳を押し当てないと全く聞き取れませんでしたが。
 
 ……ぁさぁん……ぁぁさぁん……
 
 だんだん、その声が受話器に近づいてきます。
 
 ……ぁぁさぁぁん……かぁぁぁさぁぁん
 
 なんだろう、とすました私の耳に、

「おかぁぁぁぁさぁぁぁん!」

 いきなり悲鳴がとどろきました。
 びっくりした私は受話器をたたきつけ、通話を切りました。しばらく放心状態のままでいると、たまたま父が事務所から帰ってきました。
 

(イメージ画像/写真AC)

(イメージ画像/写真AC)

 とっさに今しがたの出来事を報告すると、父の顔色がさっと青ざめました。
「タケシ! 変なことば言うな! 機械の故障でお前の声が反響しただけやろうが!」
 鬼のような形相で私の頭をはたき、そのまま去っていきました。ふだん穏やかな父の、あんな表情を見たのは、後にも先にもあの一度きりです。
 その時は父が怖かったので反論せず黙っていました。しかし電話の声は幼稚園児くらいの、明らかに私とは違う、もっと幼い声でした。
 まるで迷子が母親を求めて、泣き叫んでいるような……そんな声だったと、今でも覚えています。

 後でそれとなく、母に内線をかけた事実だけ話すと、「ずっとおったけど、かかってきとらんよ」と言われました。父と口裏を合わせた可能性もありますが、今となってはわかりません。
 
 その夜、父は私を車に乗せ、洋食レストランへ連れていってくれました。お祝いの時だけ行く店なのになんでだろう、とも思いましたが、大好きなドリアを食べられた私はただ上機嫌になっただけでした。
 私に、生まれなかった兄がいると知ったのは、ずいぶん後のことです。

1日5分の恐怖体験、いかがでしたか?
『日めくり怪談』は毎日読んでもひと夏楽しめる、全62話を掲載。
詳細はこちらから。

7月の『日めくり怪談』特集一覧
7月2日 夜道を歩く女性の二人組が向かう先
7月4日 設置されては撤去されるブランコの秘密
7月6日 クラスメイトの机に置かれた手紙
7月9日 誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの
7月13日 息子に見えている母の顔
7月15日 内線電話から聞こえてくる声
7月19日 祖母に禁じられた遊び
7月22日 僕にだけ聞こえてくる音

ジャンルで探す