緊急宣言とまん延防止 9月30日で解除へ

誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの

誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの

めくるたび、どんどん怖くなる。
『一行怪談』で知られる吉田悠軌さんの書き下ろし怪談集『日めくり怪談』から選りすぐりのお話をご紹介します。
1日5分の恐怖体験をお楽しみください。

誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの

 恥ずかしい話ですが、中学生の時は、いつもトイレに入り浸ってました。
 校舎のいちばん端っこにあるトイレです。
 なぜかって、誰とも話さなくてすむから。
 
 別にイジめられてた訳じゃありません。ただ休み時間に同じクラスの奴らと話すのが面倒くさかっただけです。とにかく、授業の合間は無理でも、昼休みになると必ず行ってましたねえ。
 うちの学校って変な改築をしていたので、端っこの方は美術室以外ほとんど利用されなかったんです。つまり、昼休みは誰も来ない場所。
 昼休みのたび、そこのトイレの大きい方に入って、便座の上で弁当を食べて、そのまま本を読んだりして、五限目までを過ごしてました。あの頃はいつも、毎日。
 でもその日だけ、やけに眠かったんですよ。
 登校時からなんか頭がボンヤリしていて、授業も頭に入らず。いつもの個室に入って弁当を食べかけたところで、すっかり眠っちゃったんですね。

 キャハハハハハハ
 
 思わず飛び起きました。いきなりドアの向こうで甲高い笑い声が響いたんです。
 何だ……? と固まっていると、個室の外で、ボソボソしたおしゃべりが聞こえてきます。内容はほぼ聞きとれませんでしたが、全身に冷や汗がドバッと噴き出しました。
 それ、女子の声だったんです。しかも二人。
 うわうわ、ぼうっとしすぎて女子便所に入っちゃったのかよ。これがバレたら、とんでもないことになる。しかし運が悪すぎるぞ。うっかり女子便所に入ったとしても、こんなところ、いつもなら誰も来ないはずなのに、なんで今日に限って……。
 早く出て行ってくれ──そう願いつつ、息をひそめました。
 でも女子たちの声はやむことなく続いて、いっこうに話が終わる気配がありません。

(イメージ画像/写真AC)

(イメージ画像/写真AC)

 
 ……うざい……消えろって……キャアハハ、ハハハハハ
 
 時おり聞き取れる言葉から察するに、誰かの悪口を言っているようです。
 それに続いて、またバカみたいに甲高い笑い声が二つ。まるでチェーンソーで金属を切っているような、不快な音でした。
 
 …ぅとかさ……そう…ぃみとか……死ね…死んで欲しい……
 あと……ぇだ先生とか……マジで…殺すしか……殺す……
 
 だんだん、この状況のおかしさに気づいてきました。
 だってトイレの個室ドアというのは、人が中に入って鍵をかけている時だけ閉まっているものです。今、扉の向こうにいる女子二人は、誰かがこの個室に入っているとわかっているはず。
 それなのにここまでの悪口で騒ぎたてるなんて。
 
 キャハハハハハハハハハハハ
 
 もはや悲鳴に近いほどの笑い声が、トイレ中に反響しています。
 もう耐えられない。僕はとにかく、この息苦しさから逃れようと、ドアを内側からノックしたんです。
 こつ、こつ。控えめに、しかし気づかれる程度に音をたてて。
 
 ぴたり、と笑い声がやみました。しばらく体を緊張させていましたが、声どころか足音一つしない。ゆっくりドアを開け、顔を覗かせると、もうそこには誰もいませんでした。
 そして男子用の小便器が目に入った瞬間、また別の寒気が走りました。
 自分がいたのが男子便所なら、あの女子たちの声はなんだったんだ?
 急いでトイレを出ようとしたところで、洗面の鏡が横目に入りました。
 鏡に映った自分。その背中に、誰かがしがみついています。
 制服を着た、二人の女の子でした。
 鏡の中で、笑いながら、こちらの首元に手をまわしていたのです。
 
 それから卒業までの間ずっと、屋上に続く階段で、昼休みを過ごすようにしました。

1日5分の恐怖体験、いかがでしたか?
『日めくり怪談』は毎日読んでもひと夏楽しめる、全62話を掲載。
詳細はこちらから。

7月の『日めくり怪談』特集一覧
7月2日 夜道を歩く女性の二人組が向かう先
7月4日 設置されては撤去されるブランコの秘密
7月6日 クラスメイトの机に置かれた手紙
7月9日 誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの
7月13日 息子に見えている母の顔
7月15日 内線電話から聞こえてくる声
7月19日 祖母に禁じられた遊び

ジャンルで探す