新型コロナ 最新の感染状況や対応は

クラスメイトの机に置かれた手紙

クラスメイトの机に置かれた手紙

めくるたび、どんどん怖くなる。
『一行怪談』で知られる吉田悠軌さんの書き下ろし怪談集『日めくり怪談』から選りすぐりのお話をご紹介します。
1日5分の恐怖体験をお楽しみください。

クラスメイトの机に置かれた手紙

 僕がその手紙を拾ったのは、中間テスト終了後の教室だった。
 いや、「拾った」という言い方はよくないだろう。
 それはタクヤの椅子の上に置かれた、タクヤ宛ての封筒だったからだ。

 試験が終わった解放感から、クラスメイトたちは皆さっさと帰っている。初夏の昼下がりの教室には、忘れ物を取りにきた僕をのぞいて、誰も残っていない。
 僕にとってタクヤは、クラスで一番仲の良い友人だ。その彼への宛て名が、明らかに女の子っぽい文字で書かれているではないか。
 そっと封筒を手に取り、裏返してみる。差出人の名前は、やはり女のものだった。
 封は、すでに開けられている。
 いけないとは思いつつ、好奇心に負け、中身を抜き出してしまった。
 入っていたのは便箋が一枚だけ。書かれていたのも、短く単純な文章だった。

 ──ずっと好きでした。こんなに人を好きになったことなんてなかった。ありがとう。
 
 おいおい、これは面白くなってきたぞ。
 差出人は、クラスの女子ではない。住所が書いてないから手渡しのはずで、つまりこの高校の誰かだろう。この名前は聞いたことないけど、別の学年なら僕もよく知らないし。いや待て、近くの女子高の生徒から渡された可能性もあるな。それにしても、今時メールじゃなくてラブレターというのが純粋というか……。
 
 僕はそのラブレターを鞄にしまい、持ち帰ることにした。
 顔はニヤついていたけど、けっしてイタズラ心からではない。
 このままにしておいて、教師やほかの生徒たちに見つかったらまずいと思ったからだ。次の登校時、そっとタクヤの机に入れるか、読んでないフリをして「落とし物だぞ」と彼に渡すつもりだった。

 しかし翌朝、タクヤは学校に来なかった。
 

(イメージ画像/写真AC)

(イメージ画像/写真AC)

 担任の話では、親戚に不幸があったため葬式に出ているのだという。
 それから三日ほどタクヤは欠席を続けた。その間、手紙をどう処理したらいいものか、僕はすっかり困ってしまっていた。
 
 ようやく登校してきたタクヤは、明らかにやつれきっていた。身内の死がよほどこたえたのだろうか。
 迷いはしたが、早く踏ん切りをつけたかった僕は、ラブレターの件を伝えることにした。
 恋愛話でからかえば、少しはタクヤの気もまぎれるんじゃないか。
 バカな僕は、そう勘違いしてしまったのだ。 

 放課後、タクヤを学校裏の路地に誘い出し、あの封筒を手渡した。中身を見てしまったことも、正直に伝えた。
 タクヤは声も出せないほど驚いた様子だった。
 じっと僕を見つめた後、ようやく震える手で封筒を受けとった。
「……これ、お前が開けたんじゃないのか」 
 それだけは違う、信じてくれ、と僕は必死で弁解した。
 タクヤも納得したようで、便箋を取り出し、さっと目を通した。
 そこで、予想もしなかった事態が起きた。タクヤは、いきなり泣きだしたのだ。
 嗚咽しながら路上にうずくまる彼を見て、僕は自分が大きなミスをしたと気づいた。
「ごめん、ごめん、悪かった、ごめん」
 とにかく謝り続けているうちに、ようやく落ち着いたタクヤが、事情を説明してくれた。
 
 先日亡くなったのは、タクヤの従妹の女の子だったという。
 昔から重い病気を患っていたので、周囲も覚悟していた死ではあった。
 しかし彼女は、従兄であるタクヤに、好意を寄せているような言動を繰り返していた。どこまで本気だったのかどうか。病床で心が不安定になっていただけかもしれない。
「でも当然、そんなの拒否するしかないよな。この手紙だって……」
 ──確かにこれは、二週間前に彼女からもらったものだ。でも面倒なことになるのが嫌で、封すら開けていなかった。読んだのも今が初めてだ。ずっと部屋の机にしまっていたはずなんだ。なのになんでお前が……。
 
 あの手紙はラブレターではなく、遺書だった。
 一時間ほど経った頃、僕らは二人で、近くの海岸に行った。
 そこで封筒ごとビリビリに破き、紙片を海に流した。
 それが正しい行為だったかどうかは、今でもわからない。

1日5分の恐怖体験、いかがでしたか?
『日めくり怪談』は毎日読んでもひと夏楽しめる、全62話を掲載。
詳細はこちらから。

7月の『日めくり怪談』特集一覧
7月2日 夜道を歩く女性の二人組が向かう先
7月4日 設置されては撤去されるブランコの秘密
7月6日 クラスメイトの机に置かれた手紙
7月9日 誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの
7月13日 息子に見えている母の顔
7月15日 内線電話から聞こえてくる声
7月19日 祖母に禁じられた遊び

ジャンルで探す