派遣社員が職場で感じる格差 「プレ金は対象外」「雑用ばかり。成長したい人には物足りない」

派遣社員が職場で感じる格差

人材派遣会社と雇用契約を結び、他の企業に派遣される「派遣社員」。実際に働く企業と雇用関係はないが、自分の希望に合った企業で働くことができるが、実際に働いてみると、正社員との格差を感じることもあるようだ。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを紹介する。【参照元:キャリコネ】

「『所詮は派遣』という態度をとられる」「回覧すら回ってこない」

「派遣社員は雑用が多く、責任ある仕事は任せられない。派遣社員には見られないフォルダがあり、会議でも参加できないことが多々あった」(教師・インストラクター、30代前半女性、派遣社員、年収240万円)

「とにかく派遣を見下していて『所詮は派遣』という態度を取られます。辞めようと思った時に相談した部長曰く、社員が派遣の粗捜しに必死なので、これではいずれ派遣社員は誰もいなくなると言われたほど。しかし改める気はないようです」(その他、40代後半、女性、派遣社員、年収250万円)

「派遣社員と職員の差があり、派遣は回覧すらまわって来ず、イベントや座席表にも載らない。基本派遣には簡単な雑用しか回ってこない。職員のアシスタント的な立ち位置。仕事を通して成長したい人には物足りなく感じると思う」(購買・資材、40代後半、女性、派遣社員、年収240万円)

派遣社員は、大手企業や興味のある企業で働くチャンスがある一方、正社員と区別する現場の雰囲気に戸惑うこともあるようだ。こちらが業務内容は同じだと思っていても、「アシスタント」としてしか扱われないということも。これは企業の社風や雰囲気に寄るところが大きいが、勤務先が派遣社員をどのような立ち位置として認識しているかで、派遣社員への接し方は変わってくるだろう。

「毎週金曜日に『アルバイトパート、派遣社員は対象外』のプレミアムフライデーがあった。社員が全員帰ってしまい、15時以降アルバイトの方と派遣2名だけという日もあった。何かと『社員なので』『派遣は』と、社員と派遣を区別するような発言が上の方から多かった」(人事、40代前半、女性、派遣社員、年収420万円)

派遣社員は勤務先と直接雇用契約を結んでいないため、福利厚生でも差がある。社員だけ早く帰宅できる「プレミアムフライデー」があるなど、同じ社内にいながら格差を感じてしまう制度もあるようだ。常に同じ環境にいる分、あからさまな差を目の当たりにすると、モチベーションの低下につながる可能性もある。

自分のスタイルに合わせて自由に働くことができる派遣社員だが、派遣先によっては正社員との待遇の差や仕事内容の差を感じることもあるだろう。派遣から契約社員や正社員を目指す、または紹介予定派遣を利用して直接雇用を前提に働くという道もあるため、派遣からステップアップを目指してもいいだろう。

また、「合わない」と思ったらすぐに別の職場を探すことができるのが派遣の強みだ。モチベーションが下がるほどの格差を感じる場合は、キャリアアップや別の勤務先を見つけるなど、新しい環境を作り出すのも1つの手かもしれない。【参照元:キャリコネ】

ジャンルで探す