三菱新型「軽バン」発売! 5速MTでアンダー120万円!? 軽ワゴンも同時改良! “ぬかるみ脱出”機能も搭載

三菱は軽商用車「ミニキャブバン」と軽乗用車「タウンボックス」の一部改良を発表しました。

三菱自動車、軽商用車「ミニキャブバン」軽乗用車「タウンボックス」を一部改良

 3024年3月14日に三菱は、軽商用車「ミニキャブバン」と、軽乗用車「タウンボックス」の一部改良を発表しました。

三菱の軽商用車「ミニキャブバン」

三菱の軽商用車「ミニキャブバン」

 今回の一部改良では、ミニキャブバンの一部グレード、タウンボックスの全グレードにCVTを新たに採用し、燃費性能を向上しました。

 CVT車は従来の機械式4WDから電子制御4WDへ変更し、路面状況に応じて駆動力を制御する「4WD AUTO」をはじめとする3つのモードを設定。

 さらに「ぬかるみ脱出アシスト」を採用し、ぬかるみ・砂地等からの脱出性能など、走破性を向上させていました。

 ミニキャブバンでは、従来から設定のある「ブラボー」「G」「M」のトランスミッションにCVTを採用するとともに、既存の4速AT、5速MTを継続採用する「E」グレードを新たに設定。

 機能面では、全グレードに「リヤパーキングセンサー」と「メーター内の表示灯」を標準装備し、安全性を高めました。

 またグレード別では「ブラボー」にターボを採用しパワフルで安定した走りが可能となる他、機能面では、「キーレスオペレーションシステム」や「スライドドアイージークローザー(後席両側)」、「運転席・助手席バニティミラー」などを標準装備。これにより商用のみならず乗用ユースでも使いやすい仕様に。

 その他、「ブラボー」、「G」にLEDヘッドライト、運転席シートヒーター、助手席シートバックテーブルを標準装備とし、快適性を向上させています。

 ミニキャブバンの価格は、「E(5速MT・2WD)」の119万2400円から「ブラボー(CVT・4WD)」の188万5400円です。

 一方のタウンボックスでは、全グレードのトランスミッションを4速ATからCVTに変更した他、「LEDヘッドライト」、「助手席シートバックテーブル」、「電動格納式リモコンドアミラー(LEDターンランプ・リモート格納付)」、「本革巻ステアリングホイール」を標準装備し、装備を充実させました。

 タウンボックスの価格は、「G(CVT・2WD)」の192万1700円から「Gスペシャル(CVT・4WD)」の214万9400円です。

ジャンルで探す