最新「ニッサン顔」採用! 日産から「新型ミドルサイズSUV」出た! “Google”標準搭載した新型「エクストレイル」 米で発売開始

日産の米国法人は2024年1月10日、マイナーチェンジした新型「ローグ(日本名:エクストレイル)」2024年モデルを発売しました。デザイン変更に加えて最新コネクティッド機能「Googleビルトイン」を日産として新採用しています。

新しい顔に生まれ変わった「新型SUV」

 日産の米国法人は2024年1月10日、ミドルサイズSUVの新型「ローグ」2024年モデルを発売しました。
 
 同車は日本で「エクストレイル」の名で販売されているモデルですが、今回の新型ではデザインを大幅に刷新したほか、日産車として初めてGoogleのシステムを搭載しているといいます。

新たな「デジタルVモーショングリル」採用! 日産の新型「ローグ(日本名:エクストレイル)」

新たな「デジタルVモーショングリル」採用! 日産の新型「ローグ(日本名:エクストレイル)」

 ローグは、米国日産における主力モデルとなるミドルクラスSUVです。

 現行型は2020年6月に米国で発表され、その後中国や欧州など各国に順次投入。日本では4代目エクストレイルとして2022年7月に発売されています。

 日本のエクストレイルは1.5リッター直列3気筒VCターボエンジンとハイブリッドを搭載した「e-POWER」専用モデルとなる一方、米国のローグのパワートレインは当初は2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンを、2022年からはターボ付きの1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンを搭載しており、e-POWERモデルは存在しません。

 ローグは燃費の良さに加えて安全性能の高さも特徴で、日産の先進運転支援機能「プロパイロット」や「360°セーフティシールド」などが採用されています。

 今回発売された新型ローグは、車体前面を中心にデザイン変更が図られたほか、最新のコネクティッド機能として「Googleビルトイン」を日産車で初めて採用している点が特徴。

 フロントグリルには日産の新たなファミリーデザイン「デジタルVモーショングリル」を取り入れ、力強さと先進性を高めています。

 インテリアでは、ドアパネルやシート、センターコンソール、助手席側ダッシュボードトリムなどに新たな色を用いた新素材を採用し、ゆったりとした雰囲気を創出。

 また、中間グレードの「SV」には新デザインの18インチアルミホイールが採用され、タフさが自慢のSUVでありながらラグジュアリー感も楽しめる仕様となりました。

 最上級グレード「Platinum」は、デザインの異なる19インチアルミホイールやグロスブラックのフェンダーアーチ、フロントグリルのトリムなどを採用。さらにインテリアのプレミアムレザーもチェスナットブラウン仕様に変更され、より高級感を高めています。

 見所となるコネクティッド機能には、日産初搭載となる「Googleビルトイン」を採用。これにより、GoogleマップやGoogleアシスタントといったGoogleアプリが新型ローグのインフォテイメント機能に統合され使用可能です。

 Googleアカウントにログインすれば、スマートフォンのGoogleマップに登録されているブックマーク情報なども新型ローグのタッチスクリーンに表示することができるため、ナビゲーションの目的地設定に役立ちます。

 加えて、従来の「Android Auto」や「Apple CarPlay」なども引き続きワイヤレス接続による使用が可能です。

※ ※ ※

 新型ローグ2024年モデルの車両価格は、2万8320ドル(約412万円)から4万100ドル(約583万円)。

 なお日本仕様のエクストレイルについては、マイナーチェンジに関する情報は発表されておらず、日産の今後の動向に引き続き注目が集まります。

ジャンルで探す