日産の「豪華オシャレSUV」の内装がスゴい! 「高級ラウンジ内装」採用の先進SUV「アリア」の特徴は?

日産「アリア」は内装の仕立ても特徴だといいますが、どのようなものとなっているのでしょうか。

広くでオシャレな内装がイイ

 日産は現在、ハッチバック「リーフ」、クロスオーバーSUV「アリア」、軽自動車「サクラ」の計3タイプのEVを展開しています。
 
 このうちアリアは上級モデルに位置づけられますが、内装も随所にこだわりを持つモデルとなっています。

日産「アリア」ブルーグレー内装(オプション)

日産「アリア」ブルーグレー内装(オプション)

 アリアは2020年7月15日に世界初公開されたミディアムサイズEVで、日本では2022年1月27日に発売。その後米国市場をはじめ、グローバルにも展開しています。

 2009年に初代リーフ登場し、以後日産が培ってきたEV製造ノウハウと最新のコネクテッド技術を組み合わせているといいます。

 ボディサイズは全長4595mm×全幅1850mm×全高1655-1665mm。同じSUVタイプのEVであるトヨタ「bZ4X」および兄弟車のスバル「ソルテラ」よりも小さなボディサイズです。

 新開発のEV専用プラットフォームを採用することで短いオーバーハングを実現し、シンプルでありながら力強さやモダンさが表現された先進的な外観を表現しています。

 また、日産のデザインテーマ「Vモーション」に加え、新しいデザインとなった日産エンブレムを初めて採用し、日産の将来のビジョンを体現するモデルとしてのポジションも担っています。

 先進機能としては、「プロパイロット2.0」や「プロパイロット リモート パーキング」を採用したほか、Amazonが提供する音声サービス「Amazon Alexa」を搭載するなどコネクテッドサービスにも対応しています。

 ラインナップとして、「B6(66kWhバッテリー搭載モデル)」「B9(91kWhバッテリー搭載モデル)」を設定し、それぞれ2WDと4WD「e-4ORCE」の計4タイプのパワートレインを用意。

 高出力仕様となるB9・e-4ORCEでは、最高出力290kW(約394馬力)・最大トルク600Nmを発揮します。

 前後に搭載される2基のモーターにより、それぞれのトルクを個別にコントロールすることが可能です。

 さらに、加速時のトラクション性能および減速時においても前後のモーターそれぞれで回生量を調整することにより、ブレーキ時のクルマの沈み込みを減少させるなどといった車体の揺れを抑える制御も備えています。

 コーナリング時には前後のトルク配分を適切に調整しながら、4輪のブレーキを個別制御し、ステアリング操作に忠実かつ滑らかで心地よいハンドリングを楽しめるといいます。

 また、インテリアの設えにも特徴があります。

 日本語の「間(ま)」をキーワードに伝統と最新技術を組み合わせ、リラックスできる快適な空間としました。

 専用プラットフォームによる低いフロアにより、室内空間を広く取ることが可能となり、CセグメントでありながらもDセグメント並みの居住空間を実現したといいます。

 ダブルステッチと水平に伸びた大きな木目調パネルを装備するインパネには、物理スイッチを少なくする一方で、タッチセンサーのスイッチは押した感覚をフィードバックさせるなど、使いやすさを高めています。

 また、インパネ端部やインナードアハンドル下部には組子模様のような意匠を採用するなど、随所に上質感を感じられる仕上がりです。

 さらに、EVらしい静粛性をより向上させるために遮音材を多く用いることで、高級感あふれるラウンジのような心地よい空間となりました。

 インテリアカラーはブラックに加え、グレーおよびブルーグレーを用意。シート素材にはナッパレザーをオプション設定するなど、オシャレで豪華なインテリアも特徴です。

 2023年5月には米国の自動車専門メディア「Wards」によって開催された国際的な賞「10ベストインテリア&UX」にアリアが選ばれるなど、インテリアのデザイン性について評価されています。

※ ※ ※

 なお、アリアの納期について日産の販売店スタッフは以下のように話しています。

「半導体不足による部品調達の不透明性から、現在全国的に受注を停止しており、再開時期についても未定となっています」

 もしアリアを検討しているのであれば、販売店とこまめに連絡をとり、最新情報を確認したほうがよさそうです。

ジャンルで探す