トヨタ新型「スポーティSUV」初公開! まるで“プリウスSUV”な「スポーツ クロスオーバー」は2025年登場! 斬新内装の新SUV欧州に登場

2023年12月4日、トヨタの欧州法人は、ベルギーのブリュッセルで開催されたトヨタのケンシキフォーラムで新型「スポーツ クロス オーバーコンセプト」を欧州初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「スポーツ クロス オーバーコンセプト」初公開

 2023年12月4日、トヨタの欧州法人は、ベルギーのブリュッセルで開催されたトヨタのケンシキフォーラムで、新型「スポーツ クロス オーバーコンセプト」を欧州初公開しました。

スタイリングがマジカッコイイ! トヨタ新型「スポーツ クロスオーバー コンセプト」

スタイリングがマジカッコイイ! トヨタ新型「スポーツ クロスオーバー コンセプト」

 新型スポーツ クロス オーバーコンセプトは、2023年4月の上海モーターショーで初公開されたスポーティなスタイルを持つSUVです。このときは「bZ スポーツ クロスオーバー コンセプト」と呼ばれていました。

 同車は、トヨタと中国BYDが合弁で設立したBYD TOYOTA EV TECHNOLOGY(BTET)が中国と欧州の市場向けに開発したクルマで、中国では、一汽トヨタが生産・販売する予定です。

 トヨタは、このクルマについて「初めて電気自動車を購入する顧客にとって魅力的な提案であり、通常のSUVに代わるスタイリッシュな選択肢となります。5つのドア、大きなトランク、広々とした後部足元スペースの実用性と組み合わせて、最高の快適性を提供します」と説明しています。

 エクステリアは、洗練された空力に優れたシルエットと特徴的なファストバックスタイルを有します。上海で初公開されたときはSNSなどでそのデザインの特徴から“プリウスSUV”のようだと話題になりました。

 インテリアは、今回の欧州では公開されませんでしたが、上海では公開されていました。丸型ではない異型のハンドルや湾曲したディスプレイ、極力シンプルなデザインが採用されるなど先進的な仕上がりとなりつつも、内装色には赤が採用され、外装同様スポーティな印象を持たせていました。

 また、運転支援や自動駐車などの知能化機能も含め購入後もクルマ全体が進化し続け、オーナーが、最新の状態のクルマを五感で楽しめるよう開発が進められているといわれていました。

 新型スポーツ クロス オーバーコンセプトの欧州市場への導入は、2025年が見込まれています。

※ ※ ※

 トヨタは欧州で、2026年までに6車種のBEV(バッテリーEV)専用モデルを導入する計画です。電動化製品の多様なポートフォリオは、2035年までにZEV(排ガスを出さない車両)のみを提供し、2040年までに完全なカーボンニュートラルを達成するという目標に向けた取り組みの一環です。

ジャンルで探す