1000万円超えの日産車!? 走行距離「約4万km」の極上仕様? 激レア「2ドアモデル」の特徴とは

国産スポーツカーの取引価格が高騰しています。日産「スカイラインGT-R(BNR32)」(以下R32)も例外ではありません。

海外オークションにてR32 V-Spec IIが驚きの価格で落札!

 近年、海外での国産スポーツカーの取引価格が高騰しています。
 
 とくに人気な車種の場合は、オークションなどで驚きのプライスタグが付けられることも珍しくなく、日産「スカイラインGT-R(BNR32)」(以下R32)も例外ではありません。

「スカイラインGT-R(BNR32)」が1000万円超えで落札!

「スカイラインGT-R(BNR32)」が1000万円超えで落札!

 1989年に登場したR32はスポーツカーブームを引き起こした1台とも言えるべく、現在でも高い人気を誇るモデルです。

 当時の国内最強となる280馬力を発生する2.6リッター直列6気筒RB26DETTツインターボエンジンを搭載しています。

 駆動方式は、高度な電子制御で前後輪に自在に駆動力を配分する電子制御トルクスプリット4WDシステム「アテーサE-TS」を採用していました。

 サスペンションは新開発の4輪マルチリンク方式とし、セダンから派生したスポーツカーとしては世界トップクラスの運動性能を実現しています。

 今回、海外オークションで発見されたのは、1994年式の「スカイライン GT-R V-スペック II」です。

 スカイラインGT-Rには、さまざまなモデルが存在し、V-Spec IIは走行性能を高めたV-Specに対して、さらに強化が行われているスペックです。

 生産台数は1306台の限定仕様車となっており、1994年の1年間のみ生産が行われていました。

「ガン・グレー・メタリック」のエクステリアカラーは傷ひとつない状態に磨き上げられており、BBS製17インチホイールを装着しています。

 エンジンルームや足回りも良好な状態が保たれていることが見受けられ、内外装ともに非常に良好なコンディションです。

 これに加えて、走行距離は約4万kmと、30年前のクルマとしては比較的低走行距離を維持しています。

 特別仕様車と、個体の良好状態が組み合わさり、7万5000ドル(約1121万円)という驚きの値段がつけられています。

※ ※ ※

 なおR32と言えば、日産は「R32 GT-R EVコンバージョンコンセプトモデル」を製作しています。

 これはGT-Rに憧れて日産へ入社した技術者が「最高に好きなクルマに、今自分が関わる最新の電動化技術を載せて、もっとワクワクするクルマを造りたい」という思いから始まったプロジェクトで、2023年9月現在で、Vol.9まで公開されています。

ジャンルで探す