「めっちゃ好き!」斬新顔の新型「ラパンLC」にユーザー興味津々!? “まるでカフェ”なオシャ内装も相まって好評の声多数!

スズキの軽自動車「アルトラパン」が一部改良され、また新顔の「アルトラパンLC」が登場したことで、SNSではさまざまな声が見られています。どういった意見があるのでしょうか。

好評の声多数!? レトロ顔な新型「ラパンLC」ユーザーの反応は?

 2022年6月17日、スズキは軽自動車「アルトラパン」が一部改良したことを発表しました。

 また新たに、新顔の「アルトラパン LC(以下:ラパンLC)」が追加されたことも明らかとなり、SNSではさまざまな声が見られます。ユーザーからはどういった声が多く見られるのでしょうか。

 斬新顔の新型「ラパンLC」はユーザーからは好評の声?

斬新顔の新型「ラパンLC」はユーザーからは好評の声?

 今回のアルトラパンの一部改良では、夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」全車に標準装備。

 このほか、USB電源ソケット[Type-A/Type-C]を全車に標準装備や、「L」「X」グレードにLEDヘッドランプを採用するなど、装備の充実を図っています。

 また発表で、新たにL、Xグレードをベースに、新モデルとしてラパン LCが追加。

 このモデルは、1967年に発売された「フロンテ360(LC型)」がデザインモチーフとなっており、エクステリアにはレトロさを感じさせる専用のメッキフロントグリルガーニッシュやメッキヘッドランプガーニッシュが搭載されています。

 またLCエンブレムが付いたメッキバックドアガーニッシュ(LCエンブレム付)などを用いており、懐かしさを感じるようなデザインに。

 ボディカラーには、2トーンルーフ仕様車のルーフ色に「ソフトベージュ」に加え、専用の「アーバンブラウン」を採用されました。

 インテリアには、ブラウンを基調としたレザー調&チェック柄のファブリックシート表皮や、専用色の本革巻ステアリングホイールなどを採用し、落ち着きのある空間を実現。

 このほか、インパネには木目調のデザインが採用されていたり、天井もキルト模様が取り入れられているなど、カフェのような雰囲気も感じられます。

 価格については、価格(消費税込)は、アルトラパンが125万1800円から159万7200円、アルトラパン LCが140万9100円から164万6700円です。

 ラパンLCは、従来モデルとデザインが大きく異なっていますが、ユーザーからはどういった声が見られるのでしょうか。

 ユーザーからは「この顔結構可愛い」「可愛い」「めっちゃ好き」という声が多く見られた一方で、「好きじゃない」との声もあり、好みは大きく分かれるといえそうです。

 また「可愛らしい動物の顔に見えてくる」「ちょっとダルマみたい」と何かに似ているとの声も見られました。

 旧車をデザインモチーフにしレトロな雰囲気のあるデザインであることから、「レトロで可愛い」「レトロ外観良い」という声のほか、「もっと振り切ってほしい」という声もありました。

 内装については、ベースのラパンとそれほど違いはないものの、「内装凝ってるな〜」「シックで落ち着いてる」「インテリアも可愛い」など評価の高い声が多く見られています。

※ ※ ※

 レトロ調なデザインが取り入れられたことで、より多くの反応が見られたといえます。

 「実車見たい!」という声も多数見られ、早くも注目を集めています。

ジャンルで探す