トヨタ新型「ハイエース」改良モデル発表! 全車ディーゼルの300系 新型「グランビア」と共に豪で登場

日本ではラインナップにない「300系ハイエース」が販売されるオーストラリアで、ハイエースの改良が発表されました。どのような装備が追加されたのでしょうか。

2.8リッターディーゼルターボを搭載

 トヨタのオーストラリア法人は、2021年7月30日に「ハイエース」「グランビア」の改良モデルを発表しました。

オーストラリア仕様のトヨタ「300系ハイエース」

オーストラリア仕様のトヨタ「300系ハイエース」

 ハイエースに関して、2021年現在日本では2004年発売の200系ハイエースが販売中となっていますが、海外では2019年に東南アジア向けを皮切りに新型ハイエース(300系ハイエース)が発売されており、オーストラリアでラインナップされるハイエースもこの300系となります。

 またオーストラリアで販売されるグランビアは、300系のハイエースをベースとしたミニバンです。

 今回オーストラリアで改良を受けるハイエースとグランビアは、全モデルにトヨタコネクテッドサービスを導入。より安全・安心に利用できるようになりました。

 トヨタコネクテッドサービスで提供されるサービスの一例としては、衝突時やエアバッグの作動時に、24時間365日体制のエマージェンシーコールセンターへの緊急通報を自動的におこない、車両の位置情報を伝える機能が挙げられます。

 乗員が手動でSOSボタンを押すことで、コールセンターに緊急通報することも可能。救急隊に、車両の位置を伝えることができます。

 また盗難にあった場合は、盗難車追跡サービスを利用して、当局による車両の位置確認を支援するということです。

 さらに、ハイエースでは従来のコンソールトレイに代わり、A4サイズのバインダーラックやカップホルダーにも変形する可動式パーテーションが含まれる、センターコンソールストレージボックスが標準装備されるほか、全天候型のフロントフロアマットや、薄型のルーフアンテナも追加されます。

 グランビアも装備の拡充がおこなわれ、リアプライバシーガラス、フロントカーペットフロアマットに加え、リアのUSB充電口をタイプAからタイプCへ変更、さらに6口設けられています。

 搭載されるエンジンはハイエースとグランビアともに2.8リッターディーゼルターボで、トランスミッションは6速ATと6速MT(一部仕様のみ)です。今回の改良で、ガソリン仕様は廃止されました。

 車両価格は、ハイエースが4万4230豪ドルから7万2230ドル(日本円換算で約359万円から約586万円)、グランビアは4万4230豪ドルから4万6230ドル(約359万円から約375万円)に設定されます。

ジャンルで探す