「図柄入りナンバー」新作爆誕!? 47都道府県の県花がプレート1枚に集結 込められた意図とは

クルマの全国版図柄入りナンバープレートの新しいデザイン案が決まりました。47都道府県の県花をモチーフに「日本を元気に」というコンセプトでデザインされています。

交付は2022年4月頃から

 2021年6月30日に国土交通省は、新たな全国版図柄入りナンバープレートのデザインを「全国の県花」に決めたと発表しました。

新たな全国版図柄入りナンバーデザイン(画像:国土交通省)。

新たな全国版図柄入りナンバーデザイン(画像:国土交通省)。

 第6回「新たな図柄入りナンバープレートの導入に関する検討会」にて、全国から集まった145作品のなかから図柄入りナンバーの背景デザイン案となる1作品が決定されました。

 選ばれた図柄のタイトルは「はなれていても『思い、みな一つに』」です。47都道府県の県花をモチーフに、日本の美しさを表現したといいます。

 植物は円環の象徴であり、枯れても再びきれいな花を咲かせることから、「日本を元気に」というコンセプトのもとに、それを植物の成長と捉えてデザインしたとのこと。

 また、全国すべての県花を用いることで、「日本全体で立ち上がろう」という思いを込めたといいます。

 国土交通省は、ナンバープレートを「走る広告塔」としてとらえ、ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックにちなんだ図柄の特別仕様ナンバープレートや、地方版図柄入りナンバープレートの導入を進めてきました。

 今回決まった図柄は、東京オリンピック・パラリンピック記念デザインの後継となる、全国版のものです。交付期間は2022年4月頃から2027年3月までの5年間が予定されています。

 なお、採用デザインは視認性試験などを経て、色味が調整される可能性があります。

 ナンバープレートは、寄付金なしだとモノトーン版のみ、寄付金ありの場合は、フルカラー版とモノトーン版から選択が可能です。

ジャンルで探す