緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

なぜ時代に逆行? スズキ新型「ソリオ」フルHV廃止! 電動化の鍵はトヨタが握る?

スズキのコンパクトハイトワゴンとなる新型「ソリオ/ソリオバンディット」が発売されましたが、先代モデルに設定されていたストロングハイブリッド車が廃止されたといいます。なぜ電動化が進むなかで燃費性能が高いストロングハイブリッド車が無くなったのでしょうか。

スズキ人気車でストロングハイブリッド車を廃止したワケ

 世界中の自動車市場で電動化が進むなか、日本市場でもハイブリッド車の販売比率が年々高まっています。
 
 もはやハイブリッド車は定番化されたといえるなかで、スズキの新型「ソリオ/ソリオバンディット」では、先代モデルに採用されていたストロングハイブリッド車が廃止されました。なぜ、電動化が加速するなかで姿を消したのでしょうか。

電動化が加速するなか、ストロングハイブリッド車を廃止したスズキの新型「ソリオ/ソリオバンディット」。その理由とは?

電動化が加速するなか、ストロングハイブリッド車を廃止したスズキの新型「ソリオ/ソリオバンディット」。その理由とは?

 1997年にトヨタが世界初の量産型ハイブリッド車「プリウス」を発売してから20年以上経過し、その後瞬く間にハイブリッド車はユーザーへ浸透し、現在日本で販売される大半の新型モデルでは、ガソリン車とハイブリッド車が設定されています。

 ハイブリッド車とは、エンジンとモーターなど複数の動力を組み合わせたシステムを搭載するクルマを指します。

 また、ひと言でハイブリッド車といってもエンジンとモーターの組み合わせ方やモーターの使用度合いによりいくつかの種類に分けられます。

 組み合わせ方においては、「パラレル方式」、「シリーズ方式」、「シリーズ・パラレル方式(スプリット方式)」に分かれます。

 ホンダなどが採用する「パラレル方式」はエンジンを主動力源として、モーターは発進・加速をアシストする仕組みです。

 日産「ノート」などが採用する「シリーズ方式」は、エンジンは発電のみに使用して、主動力源をモーターとする仕組みとなり、基本的にこれらはモーター走行が可能なのが特徴です。

 また、プリウスなどが採用する「シリーズ・パラレル方式」では、エンジンとモーターを上手く使い分け、発進・低速時などでモーターがアシストします。

 モーターの使用度合いによっても、「マイクロハイブリッド」、「マイルドハイブリッド」、「ストロングハイブリッド」と大きく3つに分かれます。

 アイドリングストップや回生ブレーキを主目的にしているのが「マイクロハイブリッド」、このふたつに加えて加速時にモーターアシストをするのが「マイルドハイブリッド」です。

「ストロングハイブリッド」はマイクロやマイルドよりも広範囲にわたる前述のようなモーター走行可能なものを指します。

 こうしたさまざまなハイブリッド車が存在するなかで、プリウスのようなストロングハイブリッド車がもっとも燃費性能が高いとされています。

 しかし、今回の新型ソリオ/ソリオバンディットでは先代モデルで設定されていたストロングハイブリッド車を廃止し、ガソリン車とマイルドハイブリッド車のみに変更しています。

 欧州や中国、北米などでは続々と「ガソリン車/ディーゼル車を2030年から2050年までに販売禁止」する方向性を打ち出しているほか、日本でも2020年11月に政府や東京都が「2030年から2035年に掛けて純ガソリン車の販売禁止」を明言しました。

 そうした世界的な電動化の加速や脱純ガソリン車が叫ばれるなかで、なぜ新型ソリオ/ソリオバンディットでは、ストロングハイブリッド車を廃止したのでしょうか。

 ハイブリッド車の設定について、スズキの開発担当者は次のように話します。

「先代に設定されていたストロングハイブリッド車は、一部のお客さまから好評頂いていたものの、販売台数としては大きく売れていたとはいえません。

 一方のマイルドハイブリッド車については、販売台数的にも好調だったことや、今回の後席や荷室の拡大を重視した結果、ストロングハイブリッド車に搭載するバッテリースペースを確保するのが難しかったという面により、ガソリン車とマイルドハイブリッド車の2種類としました。

 しかし、ストロングハイブリッドシステムの開発をやめたわけではなく、継続して開発を進めています。

 今後、燃費規制やコンパクトモデルのハイブリッドのあり方に変化があった場合には、ストロングハイブリッド車を追加する可能性もあります」

※ ※ ※

 このような背景ゆえに、ソリオ/ソリオバンディットからストロングハイブリッド車が無くなりました。

 しかし、自動車業界における電動化の波は変化が早く、2020年には新型の電気自動車として、ホンダ「ホンダe」が登場。2021年にはマツダ「MX-30」や日産「アリア」が登場します。

 今後、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、燃料電池車、電気自動車などを含めた「電動車」がどのように普及していくのかに注目が集まります。

スズキの電動化の鍵はトヨタが握る?

 ソリオ/ソリオバンディットのハイブリッド車事情は前述のとおりですが、スズキ全体の電動化では、今後どのような展開が考えられるのでしょうか。

 日本政府や東京都が掲げる脱純ガソリン車ですが、それは2030年から2035年を目処としています。

 つまり、後10年から15年で純粋なガソリン車/ディーゼル車は姿を消すことになるのです。

 そのなかで、軽自動車やコンパクトカー(5ナンバー車)は、普通車(3ナンバー車)よりハイブリッド車販売比率は依然として高いとはいえません。

 とくに、軽自動車ではガソリン車もしくはマイルドハイブリッド車がほとんどとなり、今後ストロングハイブリッド車やさらに電気自動車に移行していくと、開発コストが上昇することから、販売価格も高騰することが予想されます。

 かつての軽自動車は100万円以下、高くても100万円台半ばというモデルが大半でしたが、現在では基本性能向上や安全機能の標準装備化が進み100万円台後半から200万円台半ばとベース価格が高騰しています。

スズキ新型「ソリオ」と「ソリオバンディット」。ストロングハイブリッド車の復活はあるのか。

スズキ新型「ソリオ」と「ソリオバンディット」。ストロングハイブリッド車の復活はあるのか。

 仮にプリウスのようなストロングハイブリッドシステムを搭載すると、トヨタの場合、同モデルのガソリン車とハイブリッド車の価格差が約60万円、プラグインハイブリッド車であれば100万円ほどとなり、それを軽自動車に当てはめると単純に300万円に近づく価格となり得るのです。

 軽自動車は車体価格が普通車よりも安価な部分が普及した要因として挙げられるため、車体価格の上昇は軽自動車市場の大きな危機ともいえます。

 今後の電動化について、スズキの代表取締役社長・鈴木俊宏氏は次のように述べています。

「今後は、トヨタのハイブリッドシステムを採用する可能性や、価格面などにおいてはハイブリッドシステムの一部パーツを使用して開発することもあり得ます」

※ ※ ※

 今後10年後には、世界各国での規制が強化されることや各メーカーの電動車ラインナップが増えることで競争も激化することが考えられます。

 そのなかで、トヨタは今回のスズキをはじめ、グループ企業のダイハツ、資本提携関係のスバル、マツダといったメーカーは国内外でトヨタのハイブリッドシステムを搭載したモデルを展開予定だといいます。

 日本の新車市場の5割以上を占める軽自動車やコンパクトカーにおける電動車戦略がどうなっていくのか、この先5年、10年の動きが決め手となりそうです。

ジャンルで探す