最新フェラーリは無音? 1000馬力でEV走行も! PHEVフェラーリ「SF90 Stradale」登場

ついにフェラーリもEV走行が可能に! 1000馬力のPHEVフェラーリ「SF90 Stradale」発表

スクーデリア・フェラーリをレファレンスした史上最強の跳ね馬

 フェラーリは、ブランド初のPHEV(プラグインハイブリッド)車、「SF90 Stradale」を発表しました。

フェラーリ SF90 Stradale

 プロダクションモデルとしては前例がないほど高い性能を発揮するSF90 Stradaleは、システム出力1000馬力を発揮し、パワーウェイトレシオは驚異の1.57。250キロで走行する際に発生するダウンフォースは390キロに達します。

 SF90 Stradaleに搭載される 90度V型8気筒ターボエンジンは、フェラーリの8気筒史上最高となる出力780馬力を誇ります。エンジンのパワーは8速デュアルクラッチトランスミッションを介してリアホイールが駆動され、これに1基のモーターによるアシストが加わります。

フロント・アクスルには2基のモーターが搭載され、左右のホイールを独立して駆動します。このシステムにより、SF90 Stradaleはフェラーリのスポーツカーとして初めての4WDとなりました(フェラーリ初の4WDは「フェラーリFF」)。搭載される3基のモーターの合計出力は220馬力に達します。

 時速0から100キロまでの加速はわずか2.6秒、0から200キロまでの加速は6.7秒、最高時速は340キロに達します。フル・エレクトリック・フロントアクスル、 RAC-e(電子コーナリング・セットアップ・レギュレータ)を導入し、ビークルダイナミック・コントロールで完全に制御された車体は限界域でのドライビングをよりイージーに、そしてそれらをすべてのドライバーに提供します。

 SF90 Stradaleが搭載する完全電動の「eDrive」 モードでは、フロントアクスルに配置されたモーターのみで25kmのEV走行を可能にします。エンジンが稼働していない状態でも最高速度は時速135キロに達し、後退する際はモーターのみを使うため、エンジンを使用することはありません。

 エクステリアは、フォルム、技術、そしてパフォーマンスのシームレスな統合を強調してデザインされましたが、インテリアは更に革命的に仕上がっています。とくにインターフェイスを重視した航空機のようなラップアラウンド・コックピットになっており、車とドライバーの一体化を強調します。

 中央のインストルメント・クラスターには16インチのデジタルHD画面が配され、ドライバーに向かって湾曲しています。エンジンとモーターがオフ状態になるとインストルメントは黒に変わり、コックピットの素晴らしくミニマリストな印象を際立たせます。

 フェラーリの伝統に従って、デフォルト画面の中央には大きな円形タコメーターが配置されています。タコメーターの両端にはナビゲーション画面とオーディオ・コントロールが設置されており、「手はステアリングホイールに」の思想から生まれたヒューマン・マシン・インターフェースはフェラーリのF1車輌にも採用されています。

 ヘッド・アップ・ディスプレイはあらゆるデータをフロントガラスに映し出します。これにより、ドライバーは気が散ることなくドライビングを楽しむことが可能です。

 SF90 Stradaleのボディサイズは全長4710mm×全幅1972mm×全高1186mm。前後重量配分はフロント45対リア55で、乾燥重量は1570キロです。

 また、卓越した品質基準とさらなるカスタマー・サービスの充実を目指し、SF90 Stradaleには7年間の純正メンテナンス・プログラムが用意されます。全世界で展開するオフィシャル・ディーラー・ネットワークで利用できるこのサービスは、保証期間内であればオーナー・チェンジされても継続されるため、認定中古車で購入した人でも長期間フェラーリ・ライフを楽しむことができます。
 
【了】

ジャンルで探す