世界初披露! カモフラージュが取れたトヨタの新型「スープラ」は究極のスポーツカー

トヨタとBMWの共同開発モデルとして注目を浴びた新型「スープラ」。2019年1月14日から開催される「デトロイト・モーターショー」にて世界初披露されました。カモフラージュが取れた「スープラ」はどのようなクルマなのでしょうか。

世界中が待ち望んだ新型スープラ

 待望のお披露目となったトヨタの新型「スープラ」。これまで、カモフラージュ仕様は幾度となく露出されていましたが、トヨタは米国で2019年1月14日より開催されている「デトロイト・モーターショー」にて、カモフラージュ無しの正式なモデルを世界初披露しました。

世界初披露の新型「スープラ」

 今回の新型「スープラ」は、トヨタのモータースポーツブランド「TOYOTA GAZOO Racing」が展開する「GRシリーズ」初のグローバルモデルです。

 新型「スープラ」は、5代目にあたり2002年に生産終了してから17年ぶりの復活。初代スープラが1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFRという部分は共通しています。

 今回の新型モデルでは、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現。

 ボディサイズは、全長4380mm×全幅1865mm×全高1290mm(1295mm)、ホイールベースは2470mmです。

 外観は、ショートホイールベースと大径タイヤ、2シーターらしいタイトスタイル、ワイドトレッドなどスポーツカーらしさを表現しています。

 内装は、上下に薄いインパネと高く広いコンソールでFRスポーツカーな空間とし、8.8インチTFTメーターや大型フルカラーヘッドアップディスプレイの採用により運転席中心でタイトな新世代のコックピットです。

 グレードは、スープラ伝統の直列6気筒3リッターガソリンエンジンを搭載する「RZ(最高出力340PS/最大トルク51.0kgf・m)」。直列4気筒2リッターガソリンエンジンを搭載する「SZ-R(最高出力258PS/最大トルク40.8kgf・m)」、「SZ(最高出力197PS/最大トルク32.6kgf・m)」の3種類。

 全グレードで、ツインスクロールターボや8速スポーツATを採用するほか、高剛性ボディや専用サスペンションなどにより高い走行性能を発揮します。

気になる走行性能の実力

 エンジン特性は、最大トルクをわずか1600回転から発生させ、アクセルペダルの踏み込み量に応じて思い通りの加速を得ることができます。走行制御のモードは「ドライビングモード(ノーマル/スポーツ)」と横滑り防止機構「ビークルスタビリティコントロール(VSC)」の大きくふたつに分かれ、それぞれ独立して切り替えが可能となります。

『ドライビングモード(ノーマル/スポーツ)』
「スポーツモード」では、エンジン、トランスミッション、ステアリング、サスペンション、LSD、エンジンサウンドなどをよりスポーティな特性に切り替え可能。

『ビークルスタビリティコントロール(VSC)』
通常のON/OFF以外に、中間特性となる制御介入を少し抑えた「トラクションモード」を新たに設定。

トヨタ「86」よりも100mm短いホイールベース

 新型「スープラ」のチーフエンジニア・多田哲哉氏は、開発にあたって次のように話します。

――新型「スープラ」の開発背景について

 走る楽しさを極めたピュアスポーッカーを追求しました。馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるか、という感性性能を重視しています。

――カスタムやチューニングについて

 スポーツカーの楽しみと言えるカスタムについては、「86」の時より簡単ではないですが素のままで乗っても高い性能で楽しめるし、輸入車スポーツカーを乗ったお客様にも不満がない質感に仕上がっています。

 カスタムパーツについても準備を進めています。カスタムメーカーの皆さんにもお披露目しているので、専用パーツの開発もスタートしていると思います。

 また、このクルマはあらゆる部分に穴を用意しています。市販モデルでは塞がっていますが競技に出るときに、ダウンフォースやクーリングで必要となる穴あけ加工の手間を省くために穴を開けてあります。

 ※ ※ ※

 究極のスポーツカーとして開発された新型「スープラ」。日本での販売価格や時期はまだ未定ですが、2019年一番の注目モデルとなるでしょう。
 
【了】

ジャンルで探す