購入時より高値となるクルマが存在? 背景には国産スポーツカーの海外流出も

多くの場合、中古車の買取価格はおよそ7年から8年で大きく落ち込みます。一方で、一部のクルマは購入時よりも高い金額で売れるとの話も。実際に売却を経験したユーザーの声を聞きました。

国産スポーツカーの海外流出を背景に買い取り価格が高騰

 日本の中古車買取価格は、一部の人気車種を除いておおよそ7年から8年で限りなく0円に近くなってしまいます。これは昭和の時代から続いた「車は消耗品」との感覚から生じているとも言えるのですが、実はここ数年で「購入時よりも高く売れるクルマ」がどんどん増えています。

 特に80年から90年代スポーツカーの残存台数が激減していることから、国内でも高値で購入する人が多く、販売価格がどんどん高騰してきています。

アメリカに渡った日産「スカイラインGT-X(C110型)」

 価格が上がる理由はさまざまですが、そのひとつに国外への流出があります。アメリカでの日本車人気は根強いものがあり、実用的なセダン系乗用車とSUVだけでなく輸入されていなかった80年代の日本製スポーツカーも大変な人気となっています。

 アメリカでは、中古車を輸入する際に「25年ルール」と呼ばれる「クラシックカー登録制度」があり、生産から25年以上経過している車については排ガス検査なしで輸入できるという制度があります。

 ストリートレースをテーマとしたカーアクション映画やゲームソフトの影響もあり、一時期は国内でも底値まで落ちていた日産「スカイラインGT-R(R32型)」やトヨタ「スープラ(MA70型)」、最終型は輸出されていなかったマツダ「RX-7(FD3S型)」などのスポーツカーたちが高値で取引されているのです。

 アメリカの州によって法律に差があるようですが、右ハンドルのクルマでも登録できます。ただし、年間の走行距離などに制限もあるようです。

 アメリカのオークションだと、「スカイラインGT-R(R32型)」の取引価格は日本円で500万円は当たり前、状態の良いクルマだと1000万円を超えた例もあります。

 その影響もあり、ここ数年で国内の中古車市場でも80年代の日本製スポーツカーの販売価格が高騰してきています。今回は実際に、購入時よりも車を高く売れたユーザーに話を聞くことができました。

3年乗った過走行の「RX-7」が高く売れた理由

海外でも人気のマツダ「RX-7(FD3S型)」

 このユーザーは、幼いころにご家族がマツダ「サバンナ」に乗っていたこともあり大のロータリー車好きでした。3年前にたまたまWebサイトで見つけた車両本体価格89万円のマツダ「RX-7(FD3S型)」を販売店に見に行ったところ、走行17万km超えの過走行車でした。

 しかし、「車両状態証明書」でも3.5点の評価がされているほど程度も良く、前の2人のオーナーも新車購入時から車検などの全ての整備をメーカー系ディーラーで行なった記録簿も残っていたことから、信頼できるクルマだと判断し即決で購入しました。

 過走行のロータリーエンジン車は中古車市場では敬遠されがちですが、購入した車両は12万km走行時にメーカー系ディーラーでエンジン換載がされた記録簿の記載があったことや、全ての整備がディーラーで行われておりコンディションは上々。走行距離が20万km弱に達するまでの3年間を問題なく過ごしましたが、売却することになったそうです。

 マツダ「RX-7(FD3S型)」を売却した理由を聞くと「これから先、ちゃんとしたコンディションを維持するためにかかる費用を考えると”売り時”かなと思いました」との答えでした。

 確かに「RX-7(FD3S型)」は日本を代表するスポーツカーですが、走行距離に応じて劣化する部分も多くあり、そのコンディションを維持するための費用も高額になります。

 このユーザーも「自分で乗っているのであれば、次の車検のときにサスペンションブッシュの交換や、若干異音が出始めているミッションのオーバーホールなどで数十万円の出費が必要。さらにあと2万キロも走らせたらエンジンのオーバーホールも考えなくてはいけないので、それだけで60万円はみておかないと」と言います。そんな事情もあり、「RX-7」は単に飾っておくだけのクルマではないことから手放すオーナーも多いようです。

高額査定を狙うなら、年式やグレードに注意

 売却する際に、Webで買い取り相場を確認すると、購入時よりも高い金額が表示されていました。しかしながら過走行車なので、単に走行距離の数値だけで判断する業者には敬遠されてしまいます。

 そこで、査定士がクルマを見に来る買取業者に査定を依頼したところ、購入時よりも高い110万円の価格提示があり、即決で売却を決意。

 査定した買取店の担当者も「初期型のFD3S型(アンフィニRX-7)なら高くても40万円しかつけられないが、最終型なら中古車販売店での店頭価格は150万円を超えることもあります。今となってはタマ数(流通車両数量)が減ってきているので最終型は過走行車でも引きが強いから、買い取り業としても手離れがいいクルマです」と教えてくれたそうです。

 高値の査定を受けるために、不正改造などを施したクルマではないことはもちろんですが、気をつけなくてはいけないのが年式やグレード(特に馬力などのスペック差がある場合)によって価格に大きな差が出てくるようです。

 例えば「スカイライン(R32型)」でもトップグレードの「GT-R」は高値で取引されていますが、それ以外のグレードはほとんど値がつきません。もしこれから国産スポーツカーを購入しようと思うのであれば、そういう点も考慮してみてください。

 冒頭にも書きましたが、アメリカへの国産スポーツカーの輸出は増加する一方です。特にアメリカ市場に正規輸出されていなかったクルマは高値がつくことから、買い取り業者も高額で引き取っています。

日産「スカイラインGT-R(R34型)」

 前述の「スカイラインGT-R」もR32型のみならずR33型、R34型までの直列6気筒「RB26DETT型」エンジン搭載車は国内でも人気も高く、すでに価格は高騰しています。

「GT-R」を専門に扱う中古車店の方に話を聞いたところ、数年前から外国人のバイヤーが来るようになったものの、最近は価格が高騰しすぎてタマも減ってきたため、バイヤーの来訪や問い合わせも少なくなってきたようです。

 しかし、R33型(GT-Rは1995年発売)、R34型(GT-Rは1999年発売)も25年ルールが適用されるとアメリカへ高値で輸出され、さらに国内の相場が上がってしまうかもしれません。

ジャンルで探す