スズキ、今シーズンMotoGPを戦うチームのカラーリングに変更したGSX-R1000R ABSを発売

スズキは、MotoGPマシンで採用されているカラーリングなど全3色を変更したGSX-R1000R ABSを4月26日から販売します。

MotoGPで培われた技術から生まれたGSX-R1000R

 スズキは、GSX-R1000R ABSのカラーリングを今シーズンのMotoGPマシンと同様とし4月26日より発売します。

GSX-R1000R ABS (トリトンブルーメタリック)

 先週悪天候の中行われたMotoGP第2戦アルゼンチンGPでリンス選手は、スタート直後に5番手ポジションをキープし、オープニングラップで3番手にまで順位を上げ、その後は好調なリズムでトップグループでの走行を続け自身のMotoGPキャリア初となる3位でチェッカーを受けています。

 今回カラーリング変更をしたGSX-R1000R ABS(トリトンブルーメタリック)は、今シーズンMotoGPを戦うチームスズキエスターで使用しているGSX-RRをデザインコンセプトにしています。

 GSX-R1000R ABSは、今回の車体色をトリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイトの3色としました。また主要諸元等の変更は行われていません。

 GSX-R1000R ABSの希望小売価格は、3色ともに204万1200円(消費税込み)です。

ジャンルで探す